仕事の不安はどう解消する?原因と克服法までやさしく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生きるためには欠かせない仕事。

これに対する不安は、抱えているだけで大きなストレスです。

特に、新しい環境になったばかりだったり、始めたばかりの職場ではなおさら。

できるなら、これは早めに解消しておきたい悩みですよね。

この記事では、仕事によって抱えてしまう不安への対処法を、分かりやすく丁寧に解説していきます。

そもそも、どうして仕事に不安を感じてしまうのか?

この原因も突き止めていきます。

不安の克服方法もしっかりご紹介していくので、実用的な情報が詰まっていますよ。

仕事の不安を感じた時の解消法とは?

生きていくのに必要となるのは、やっぱりお金。

でも、そのお金を手に入れるためには……働かなければいけません。

そして、その仕事をしてる時間って、ものすごく長いんですよね。

つまり、仕事に対して不安を感じているのなら、その長い時間は大きなストレスになっているはずです。

働いてお金を稼ぐことそのものが大変なのに、そこに不安までも抱えている……。

余計に大きなストレスになりますよね。

そして、あなたが今これを読んでいるということは、その不安に耐えられなくなってしまったからでしょう。

私も不安を感じやすいタイプなので、あなたの苦しみが分かります。

「どうしたら、この不安はなくなってくれるんだろう……」

答えが分からないことで、ますます不安は大きく育ってしまいます。

この項目では、その答えを出すお手伝いとして、仕事の不安に上手に対処する方法をご紹介していきます。

①まず目の前のことに集中する

一番に意識しておきたいのが、まずは目の前のことに集中することです。

何か1つ引っかかってしまうと、それが気になって仕方なくなってしまうこと、ありますよね。

かく言う私もそうで、頭の中がだんだんと不安に染まっていき、そのことばかりがますます気にかかってしまうんです。

たとえば、「あの件ってあのやり方でよかったのかな?」とか、「指示された通りにやったはずだけど、もしかしたら間違ってるかも」というようなこと。

これが引っかかりになります。

その引っかかりに意識が集中しすぎてしまうと、他のことに目を向ける余裕がなくなってしまいます。

そして、それが失敗を生んでしまうことがあるんですよね。

何か引っかかりができてしまった時こそ、まずは目の前にあることを冷静に片付けるようにしましょう。

②確認を念入りにする

先に①でもお話ししましたが、

何か引っかかりを感じる=不安になる=別の失敗を生んでしまう。

こういう図式があります。

なので、できるだけ引っかかりをなくす。

これが大切になります。

そもそも、やった仕事に対して引っかかりを覚えるのは、あなたが慎重な人であることも理由になっているかもしれません。

だからこそ、「あれでよかったのかな?」と不安になってしまうことがあるんですね。

でも、慎重なのは悪いことではありません。

ただ、その慎重さの使い所が大切なんです。

仕事が1つ完成したら、念入りに確認しましょう。

ここで慎重さを発揮すれば、引っかかりを覚える回数が確実に減ります。

「合ってるのかな……」と不安になりやすい私も、まずは確認をしっかりする!

これを意識するようにしています。

慎重ということは、あなたの仕事に対する姿勢は真面目で、とても丁寧であるのとイコールです。

だからこそ、確認作業を丁寧にしましょう。

チェックリストを作って、それを見ながら確認するというのもいいでしょう。

特に、始めたばかりの仕事、入ったばかりの職場では、これが重要になりますよ。

③不安に思うことを紙に書き出す

あなたの抱える不安、これの正体をハッキリさせることも有効な対処法です。

不安はその正体があやふやであるほど、余計に大きく育ってしまい、次第に手がつけられなくなります。

あなたの不安には、どんなことが関わっているのか?

これを整理することが大切です。

不安の正体を知れば、それにはどう対処するのがベストなのか?

これもハッキリさせることができるからです。

「どうすれば不安の正体が分かるの?」

一番簡単な方法は、紙に不安を書き出すこと。

何がどう不安なのか、思いつくままにどんどん書き出していきましょう。

書き方の決まりはないですし、字も綺麗に書かなくちゃダメ!なんてことはないので、思うこと・感じたことを、とにかくバンバン吐き出してくださいね。

最終的には「何」が「どう」不安なのか、これが分かるように書き出していくと、よりGOODですね!

不安の正体を突き止めることが目的なので、何がどう不安なのか?

これを押さえることがポイント。

たとえば、何=仕事の手順、どう不安=間違っているかもしれない。

あなたの抱えている不安の正体が、「仕事の手順が間違っているかもしれない」ことだったとすれば、②でご紹介した確認作業の徹底をすれば、その不安の解消になるかもしれません。

この後に詳しく解説しますが、不安の原因そのものを探るのにも効果的な方法なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

頭の中だけで解決するのは意外と難しいことです。

紙に書き出す癖をつけていくのは、色んな場面で役立ちますよ。

④気負わず肩の力を抜くようにする

仕事に対して大きな不安を抱えてしまうのは、それだけ仕事と真面目に向き合っているからでもあります。

「成功させたい」

「しっかりやり遂げたい」

こうした気持ちがあるから、余計に不安を感じてしまっているのかもしれません。

もちろん、自分の仕事を成功させたいと思うのも、しっかりやり遂げたいと思うのも、素晴らしいことです。

でも、その気持ちに熱が入りすぎてしまうと、心も体も緊張状態に陥ってしまうんですよね。

そして、あまりにも強い緊張感は、本来の力を半減させてしまうこともあります。

緊張しやすいタイプの私は、それがピークまでくると手汗をかいてしまったり、吐き気を感じてしまったり……なんてこともあります。

そうなると、いくら「しっかりやり遂げるぞ!」と思っても、体の方がついてこれなくなってしまった!なんて、本末転倒だったりするんですよね……。

程よい緊張感なら集中力も増していいのでしょうが、緊張しすぎては逆効果。

緊張しすぎるくらいなら、逆にリラックスしている方がよかったりもします。

あなたの不安は、「成功させるんだ!」というプラスの感情が、マイナスに働いてしまって生まれたものかもしれません。

なので、あまり気負いすぎない、というのを意識しましょう。

気負いすぎない=フラットな状態なので、持っている本来の力を発揮するのに、一番良い状態でもあるんです。

肩を回したりして、体の緊張も一緒にほぐしてあげると、より程よいリラックス状態に近づけますよ。

 

まず、仕事の不安への具体的な対処法をご紹介しました。

どれも今すぐに取り入れられる方法なので、早速試すことができると思います。

少しでも、「これで不安になったとしても大丈夫かも」という気持ちになれたでしょうか?

でも、別の気持ちも生まれたかもしれませんね。

「対処法は分かったけど、そもそも不安になりたくない!」

これです。

もちろん、不安にならずに済むなら、そっちの方がいいに決まってます。

あなたがそう思うのは当然です。

そこで、この項目では、なぜ仕事に不安を感じてしまうのか?

この原因を考えていきましょう。

これを明らかにすれば、より効果的に対処法を使えるようにもなります。

仕事に不安を感じてしまう原因とは?

仕事に対する不安。

言葉ではこれだけで済んでしまいますが、そこに込められている感情は、実はとても多種多様です。

なので、いくら自分自身が抱えているものとはいえ、それがどういうものなのか?

これがハッキリしないことには、余計に不安になってしまいます。

分からないことと怖いことは、案外イコールだったりするんです。

それでは、あなたが仕事に不安を覚えてしまう原因とは、一体なんでしょうか?

考えられる要因を、ここで解説していきますね。

①失敗して怒られることが怖い

誰だって、進んで怒られたいとは思わないはずですよね。

それはあなただってそうじゃありませんか?

私もそうです。

できれば怒られたくはありません。

怒られると思うと、どうしても怖くなって萎縮してしまいますしね。

あなたの仕事への不安は、もしかしたら「怒られること」への恐怖からくるものかもしれません。

仕事に失敗してしまうということより、その失敗の結果、怒られてしまう。

これが怖い。

怖いから不安。

こういう図式ですね。

でも、叱られる=怒られるではないということは、覚えておきましょう。

失敗すれば、それを注意されるのは仕方ありません。

同じ失敗をしないよう、指導を受けることもそうですね。

それは、また「次」があるからこそです。

頭ごなしに怒鳴り散らされたりするのは問題ですが……次を見据えた注意の場合。

「これをしたら失敗になるのは分かった。次はこうしよう」

注意は反省・成長の材料にしてしまいましょう!

②周りからどう評価されているのか気になってしまう

「気にしたってしょうがない」

「気にするようなことじゃない」

そう思っても気になってしまうのが、他人からの評価です。

誰にどう思われているのか。

これはどんな人間関係の上でも気になってしまうものですが、職場においてはもっと気になってしまいますよね。

その評価=自分の仕事の出来、と考えられるからです。

あなたの不安の正体は、この他人からの評価が原因かもしれません。

「使えないやつって思われてないかな」

「邪魔って思われてるかも……」

自分で自分に高評価をつけるってなかなかできないですし、どちらかといえばこういうマイナスイメージを持ちやすいものです。

なので、誰に言われたわけでもないのに、自分でダメ人間のレッテルを貼ってしまう……ということ、ありませんか?

こうしたマイナス評価に囚われていると、だんだんと自信を失っていってしまいます。

これって危険なことなんですよね。

あなたが持っている能力を、何をせずとも半減させてしまう可能性があるからです。

でも、他人からの評価を気にしない。

これはぶっちゃけ無理ですよね。

ただ、気にしすぎて自信をなくしてしまうと、本来の力をフルに発揮することもできなくなってしまう。

これは忘れないでください。

次でも解説しますが、自信がないことが不安の原因になる場合もあります。

自分で自分を「ダメ」と決めつけるのはやめましょう。

③自分の能力に自信が持てない

先に触れましたが、自分に自信がないことが不安に繋がってしまう、ということもあります。

いきなり「自信を持って!」と言われても、難しいですよね。

でも、あなたが今できていることに対して「できてない」と思うのをやめる。

これならできる気がしませんか?

やったことがない、以前に失敗したことがある。

こういう仕事に対しては、引き腰になってしまったり、怖いと思ったりすることだってあります。

かく言う私も、①でも打ち明けた通り、怒られるのが怖い=失敗したくない。

この図式に当てはまるタイプなので、やったことがない仕事や失敗の経験があることに対しては、ものすごく緊張しますし、恐怖心から不安を抱くことだってあります。

でも、だからといって全部を怖がっていてはダメだということに気づきました。

できることにまで不安感を持っていると、全体的にオドオドした人になってしまうんです。

そうすると、仕事を任せる側も不安になってしまうんですよね。

「この人に任せて大丈夫なのか?」と。

この後で詳しく解説していきますが、分からないこと・不安なことについては、それを正直に打ち明けてアドバイスをもらえばいいんです。

そうすれば、自然とやり方も分かってきます。

なので、いたずらに不安を抱く必要はありません。

できることについては、もっとそうです。

すぐに自信は持てなくても、できていることに対して「できてない」と思うのはやめましょう。

④仕事の相談をできる人がいない

見落としがちですが、仕事は一人でするものではありません。

必ず、どこかしらに人が関わってきます。

あなたの仕事に関わる人の中に、あなたが尊敬できる人・信頼できる人はいますか?

あなたの仕事に対する不安は、不安を覚えた時に相談できる人がいない。

これが原因かもしれません。

困った時や心配な時、それを打ち明けられる人。

そして、それを解決するための具体的なアドバイスをくれる人。

こういう人が職場にいてくれると、不安を抱かずに済むものです。

あなた一人で思い悩まず、一緒に考えてもらうことができるからですね。

でも、そんなふうに頼れる人がいない。

そうなると、どうしても一人で抱え込まざるをえなくなってしまいます。

特に転職したばかりだとか、始めたばかりのパート・バイト先の場合、ちょっと怖いことかもしれませんが……頼りになりそうな人を探してみてはどうでしょうか?

相手は上司だけではなく、同僚でもいいでしょう。

あなたが相談しやすいと思える人、頼りになりそうと思う人に、一度思い切って声をかけてみましょう。

 

仕事に対する不安の原因について、具体的なケースを挙げて解説していきました。

あなたに当てはまるもの、心当たりがあるものはありましたか?

これで原因を明確にできれば、初めにご紹介した対処法もより効果的に使えるようになります。

さて。次に気になるのは、いざ不安を抱えてしまった時、どうすれば不安を乗り越えることができるのか?

これではないでしょうか。

ここからは、不安を乗り越えるために有効な具体的方法をご紹介していきます。

不安が生まれたその時、ぜひこれを実践してくださいね。

仕事への不安を乗り越える方法

仕事に対する不安への対処法。

なぜ仕事に不安を感じるのか?

ここまで、それぞれの答えに繋がるポイントをいくつか解説してきました。

それでも、生まれてきてしまう時には生まれてしまう。

それが不安です。

ただ、不安を感じているまま仕事と向き合うのは、とても危険です。

その不安が原因で、しなくていいミスをしてしまうかもしれないし、されずに済んだ注意をされてしまうことだってありえます。

抱いてしまった不安は、しっかりと乗り越えるべきです。

この項目では、あなたが不安を抱いてしまった時、それを乗り越えるために効果的な方法をご紹介していきます。

①得意を見つける

先にも解説しましたが、自信を持てないことが不安に繋がる。

こういう例もあります。

逆に考えてみれば、自信を持つことができれば不安は生まれない、ということになりますよね。

でも、苦手なことに対して自信を持つというのは、誰にとっても簡単なことではありません。

それに、下手に自信を持ってしまったせいで失敗する、なんてことも起こりえます。

「じゃあどうすればいいの?」

答えはシンプルです。

あなたが「これは得意!」と思える仕事を見つけましょう。

仕事と言っても、細かいタスクに分けることができるはずです。

そうすると、苦手なこと、得意なことが見えてくるでしょう。

こうして苦手・得意をハッキリさせることは、弱点と強みを明らかにすることでもあります。

弱点である苦手は、克服するための努力をすれば、いつかは苦手意識も薄くなっていくでしょう。

逆に、強みである得意はもっと伸ばす努力をします。

得意が一つでもあれば、それはあなたの強みです。

その点においては、自分を認めてあげるようにしましょう。

そして、得意を伸ばす努力をしていけば、その努力に見合った自信もついてくるようになります。

プラスをどんどんプラスにしていく。

不安が生まれた時には、あなたの得意=強みを思い出すようにしましょう。

そうすることで、不安を乗り越えることができますよ。

②同僚や上司にアドバイスをもらう

相談できる相手がいるだけでも、不安を抑えることができる。

これは前の項目でもお話ししましたよね。

不安を乗り越える時にも、あなたの悩みを打ち明けられる存在は心強いものです。

あなたが仕事において不安を感じた時には、その不安を同僚や上司に相談してみましょう。

まずは、何がどう不安なのか。

これを伝えます。

対処法の項目でご紹介した方法③のように、紙に書き出すといいかもしれませんね。

そして、これはどうすれば解決できるか?

アドバイスをもらいましょう。

一人で考えてみても、いい案が思い浮かばない。

そういうことってよくありますよね。

無理に一人で解決しようとすると、解決策どころか不安を育てるばかりになってしまう……なんてことも。

それなら、頼りになる人にアドバイスを求めるのも方法の一つです。

あなたが「仕事ができる人だな」と思っている人に相談するのもいいですね。

アドバイスをもらったら、そのアドバイスに従って努力してみましょう。

努力する方向さえ分かれば解消する、という不安もあります。

まずは相談してみませんか?

③失敗した時こそチャンスと思う

失敗する=怒られる。

どうしても、こういう図式が頭に浮かんでしまいますよね。

確かに怒られるのは嫌なことですが……でも、それは「怒られてしまった」という感情で、考えることをストップさせてしまうから。

失敗して注意されてしまった時。

その注意の中には、次に同じ失敗をしないためのヒントがあります。

このヒントをきちんと拾うことができれば、同じ失敗をしないための努力ができますよね。

なので、失敗してしまった時こそ、次の失敗を生み出さないためのチャンスなんです。

こう考えてみると、失敗=ダメというばかりではない。

そうは思いませんか?

失敗を恐れない。

これは難しいでしょう。

でも、失敗を恐れるだけで終わってしまう。

本当はこれが一番怖いことなんです。

ですから、失敗を失敗だけは終わらせないという意識を持つ=生まれた不安を克服する方法でもあります。

これを忘れないでくださいね。

これを徹底していくと、失敗による不安を生み出すこと自体を回避できます。

積極的に意識を変えていきましょう。

 

 

まとめ

仕事の不安に対しては、まず目の前のことに集中する。

これを忘れないでください。

事前、事後の確認は念入りに。

不安の正体を曖昧なままにしておくのも危険なので、紙に書き出して頭の中を整理することも大切です。

何よりも、過度な緊張はNG!

程よく肩の力を抜きましょう。

不安の原因をハッキリさせることも重要です。

失敗で怒られることが怖いのか、周りからの評価が気になるのか。

自分の能力に自信がなかったり、相談できる人がいない。

これが原因の場合もあります。

不安を乗り越えるにも、人に相談するのは効果的です。

そして、あなたの得意=強みを育てて自信を補いましょう。

もしも失敗してしまった時には、そこから次は成功させるためのヒントを得るようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*