嫉妬深い彼氏とうまく付き合うための方法4選!特徴や、別れるべきかも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな人と付き合っている時は、毎日がハッピーですよね!

できる限りこの幸せな時間が続いてほしいし、喧嘩も無く平和に付き合いたいと思うものです。

相手と自分の気持ちが程よく釣り合う状態が一番良いですが、片方の気持ちが大きくなりすぎるとそこからバランスを崩してしまうこともあるのです…

嫉妬しやすい彼は、いつも機嫌が悪くなりがちだったり、喧嘩の原因になることが多いですよね。

そんな出来事の積み重ねにより、「好き」な気持ちに対し「ずっと好きでいられるのか」「彼のことをすべて理解してあげることは難しいのではないか」と不安を感じますよね。

相手のことが好きだからこそ、理解できない自分に苛立ちます。

でも大丈夫。

そんな嫉妬彼氏とうまう付き合っていくための方法をお教えします!

また、彼はなぜ嫉妬してしまうのかその理由を理解してあげることで、より彼への愛情を深めていきましょう。

そうすることで、「この先ずっと付き合っていきたい」と自信をもって言えるようになることでしょう!

嫉妬深い彼氏とうまく付き合うには?方法4選!

「嫉妬深い彼のトリセツが欲しい!」というあなたには必見!

嫉妬彼氏と付き合う時、どのように対処していけば、ずっと長く付き合うことができるのか。

その方法を伝授します。

①彼が嫌がるor不安になるような行動は控える

一般的に言われているような「嫉妬ライン」を超えるような行動をしないことです。

「一般的って何?」と思うかもしれませんが、自分の行動を彼に置き換えて想像してみましょう!

彼が何をしたら、自分なら嫉妬するかを考えてみることで、相手の立場になることができますよ。

例えば…

・他の男の子と2人きりでデートする

・手をつないだり、恋人にしかしないことをする  etc

一般的に「彼氏以外とするのはNG」なことをやらないようにしていれば、ほとんどの場合は嫉妬させないで済むことが大多数です。

②彼の感情をくみ取る

「嫉妬すること」に関して、彼はなかなか素直になれないので、直接的にあなたに伝えてくることはないでしょう。

あなたの行動に対して、もし彼が嫌そうな態度をとった時は「これは嫌なのかな?」と気づいてあげましょう。

人それぞれ価値観が違うので「嫉妬ライン」がかなり低い人も中にはいます。

その場合は、彼を不機嫌にさせないために、もっと気を遣って行動する必要が出てきます。

あなたが「彼に合わせたい」という気持ちでいるのであれば、彼基準の「嫉妬ライン」を探り、あなたが彼に合わせてあげましょう!

③愛情表現をするように心がける

嫉妬彼氏は基本的に自分に自信がありません。

そのため、「好き」な気持ちや、感謝する気持ちなどの愛情表現が無いと、彼女が他の男の人を好きになってしまうのではないか、と不安に感じてしまいます。

特にわかりやすい「言葉」で愛情表現をすることで、彼女にちゃんと「愛されている」と実感していないと生きていけない生き物なのです!

日頃から愛情表現をしないタイプの人は、言葉ではなくても態度で示すように心がけましょう!

そうすることで、彼はあなたにちゃんと「愛されている」ということが実感でき、「嫉妬」を駆り立てる要因を和らげることができますよ。

④自分の気持ちもきちんと伝える

相手に合わせすぎていると、ストレスが溜まっていきますよね!

それに自分を押し殺して相手と付き合っても苦しいだけです…

自分ばかりが我慢していても、相手はそれが当たり前になってしまうと「自分はこんなに我慢しているのに!」と怒りが芽生えてしまいます。

相手に対して思うことがある場合は、喧嘩にならない程度に自分の気持ちを言いましょう!

そうすることで、お互い「譲ることができる部分」を見つけられるかもしれません。

「嫉妬する側」は嫉妬を態度に出さないように努力することはできるかもしれませんが、「嫉妬しないようにすること」はなかなか難しいことです。

できる限りあなたが彼の気持ちを穏やかに保つように、努力するべきであると言えます。

嫉妬彼氏と長く付き合うには、基本的にはあなたが彼に合わせてあげる必要があるのです。

 

でも、そんな彼はなぜ、どんな時に嫉妬してしまうのでしょうか?

彼があなたに対してどう思い、どのような思考回路で「嫉妬」してしまうのか、理解してあげることでより彼を好きになることができるでしょう!

 

 

嫉妬深い彼氏の特徴とは?彼氏が嫉妬する心理

自分自身が嫉妬しないタイプの場合、嫉妬する心理がよくわかりませんよね。

「なんでこんなことで嫉妬するのだろう?」

「何もしていないのに、なぜ怒ってるの?」と疑問がわいてきますよね!

彼の中では一体どのような思考がなされているのでしょうか。

嫉妬彼氏は基本的に自分に自信がありません。

あなたの気持ちが他の人に移ってしまうのではないかと、常に不安を感じています。

「他の男との接点をできるだけ無くしてほしい」、「自分だけを見ていてほしい」と思うのです。

また、あなたへの「好き」という気持ちが大きすぎて、あなたにも同じだけ好きでいてほしいし態度で示してほしいと思っているのです。

嫉妬彼氏は自分基準で「OUTかどうか」判断するので、あなたに「悪気があるかないか」・「相手に好意を持っているかどうか」はほとんど関係ありません。

例えば、他の男の子と楽しそうに会話していただけでOUTな嫉妬彼氏もいるのです。

彼が嫉妬した時、彼は強気な態度で不機嫌をアピールしてきたり、怒ったりするかもしれませんが、本当はあなたよりはるかに弱い心の持ち主なのです。

自分を一番大切にしてほしいという気持ちが人より大きいので、裏切られた時には強気です。

あなたに自分の気持ちを理解してほしいと思って態度や言葉で示してくるのです。

嫉妬彼氏の心は弱く、十分理解できていないと付き合うことは難しいです。

その分愛情深い一面もあるので、あなたが理解を深めることができれば、長く付き合うこともできることでしょう!

 

あなたはこの状況を乗り越えて、それでも彼のことをずっと好きでいられますか?

考え方の違いは誰とでも起こりうることですが、嫉妬に関してはあなたが我慢したり譲ったりする場面が多いので、この先ずっとその無理をしていく必要があるのかもしれませんよ。

世の中には嫉妬しない彼氏もいるということも念頭に置いてみてください。

 

 

嫉妬しない彼氏もいる!?

世の中には「嫉妬」しない彼氏もいるようです。

「彼女が十分に愛情表現をしてくれているから心配する必要がない。」

「「嫉妬」という感情が起こらない」

「単純に彼女が好きだけど、自分以外との関係性は特に気にならない。」

理由は様々ですが、「嫉妬」フリーな状態はどうでしょうか。

嫉妬されすぎると鬱陶しいと感じますが、逆に全く嫉妬しない彼氏はどうでしょうか?

あなたが他の男の子とイチャイチャしていても、なんとも思わないと言われたらどうですか?

本当に私のことが好きで付き合っているのか疑いたくなりますよね。

…少しは「嫉妬」してほしいですよね?

恋の駆け引きではありませんが、付き合っている相手には「他の人ではなく自分じゃないとダメ」「あなたとだけ特別な関係である」と思っていてほしいもの。

その実感ができるのが「嫉妬」なのかもしれません。

「嫉妬」されないよりは、少しはされた方が、もしかすると心地よいのかも知れませんね!

 

世界には男女が存在しているのですから、これから先「男性は彼だけとしか関わらない!」なんてことが許されるわけはありません…

嫉妬彼氏と付き合っていくことは大変なのかもしれませんが、不可能なことなのでしょうか?

 

 

嫉妬深い彼氏とは別れた方が良い?

嫉妬彼氏と別れた方が幸せな人もいれば、長く付き合うことができる人もいるのです。

あなたはどちらに当てはまるでしょうか?

付き合うか別れるかは、あなたが自分を理解することにつながります。

嫉妬彼氏の心を常に満たしてあげるには、かなり献身的に付き合う必要があるのです。

「自分は相手に尽くしてあげるタイプだ」「好きな人のためなら何でもか我慢できる」と考えている人であれば付き合い続けることができるのでしょう。

「すべてを彼に合わせるなんて無理!」という人も、これから先もしかすると彼の考えが少しずつ変化していく可能性もあるので、あきらめないでください。

あなたは好きな人のためであれば、多少の我慢はできると考えますよね?

相手も少なからずそう思っているのですから、お互いが納得して付き合えるように話し合いをしてみましょう!

互いがゆずれる点を探してみて、折れるとことは折れてあげましょう!

そうすることで本当の意味で向き合いながら、よりよい関係を築くことができることでしょう。

 

 

まとめ

嫉妬彼氏とうまく付き合うには、基本的には相手の「嫉妬ライン」を超えないようあなたが彼に合わせてあげる必要があります。

しかし、あなたの一方的な我慢はストレスの原因になりますので、時には気持ちを伝えましょう。

嫉妬彼氏の根本には「あなたに常に愛されたい」という気持ちがあります。

世の中には嫉妬しない彼氏もいるということを念頭に置きつつ、それでも彼と付き合いたいと思えるのであれば、話し合いをしてお互い折れるところは折れてあげることが必要です。

そうすることで、大好きな彼とずっと一緒にいられることができるでしょう!

クリスマスの季節ですね。

特に大切な人に日頃の感謝を伝えたり、想いを再確認したりできるチャンスでもありますので、素敵な一日を過ごせるように願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*