友達の作り方4選!人見知りやコミュ障でも大丈夫!親友を作ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進学や環境の変化があった事で、周りには知らない人ばかり。

そんな時、誰もが新しく友達を作りたいと思うのではないでしょうか?

しかし、いざ行動しようとしてみたけれど・・・

・友達の作り方やきっかけがわからなくなっていた。

・頑張って自分から動いているのに、なかなか友達が出来ない。

・人見知りやコミュ症で、新しく友達が作れるのか不安

・信頼できる親しい友達が欲しい。

色々な悩みが浮かんできますよね。

そんな悩みを抱えているあなたに、とっても効果的な改善の方法があります!

それでは、さっそくご紹介していきますよ!

友達の作り方4選

友達を作るには、少なからず会話が必要だと感じると思いますが、そんな事わかっていても、それがなかなか難しいと悩む人が多いようですね。

大丈夫! これからご紹介する簡単なコツを掴めば、相手と気楽に話をする事が可能になって行きますよ!

①まずは人間観察しよう!

まず驚くかもしれませんが、友達作りには 『人間観察』 が必要です。

自分は積極的に話しかけているのに、友達が出来ない

そんな悩みの中には 『人間観察』 をしていない事が原因である事が多いのです。

友達を作るのに、なぜ 『人間観察』 が必要かと言うと

まず相手に話かける前に、自分と雰囲気が似ているかどうか見極める事が大事だからです。

頑張って自ら積極的に話しかけたとしても

仲良くなりたい気持ちだけで、何も考えずに周りに話しかけているのだとすれば

相手と気が合わない限り、会話になったとしても長続きしません。

そんな残念な結果を繰り返す事は、メンタル的にも良くないです。

最悪の場合、人間関係に嫌気がさし、自分の殻に閉じこもるような結果を招く原因にも成りかねません。

『人間観察』 をしてみると、意外と自分に雰囲気が似ている人を見極める事は簡単です。

的を絞って、自分に似た人に積極的に話しかけると、友達も出来やすくなります。

まずは 『人間観察』。

そこからチャレンジしてみましょう!

②相手に共感して貰えるような話しかけ方をする

初対面のはずなのに、その日のうちに、相手と打ち解けているように見える人っていますよね。

そんな人達は、どうしているのかと言うと

相手に声をかける時には、共感出来そうな話題から自然に入っています。

例)

自分:ねね、知ってる人クラスにいる?

     相手:いないよ・・・初めての人ばかり

     自分:そっか実は、私もぼっち状態~

自分:私〇〇って言うの、宜しくね!

相手:あ、私は〇〇。こっちこそ宜しくね!

例)での自分の本音は 、「誰も知り合いがいないから、仲良くして欲しい」と言う事ですが、そのまま言葉にすると、相手はちょっと引いちゃうかもしれません。

もちろん自分だって、ストレートに言葉にするのは、気まずいですよね。

だからと言って話しかけなければ、仲良くなる事も無いのかも知れません。

結果的には、同じことを伝えたのに、まず共感出来そうな話を優先するだけで自然に会話になるので、是非試してみてください。

③相手が自由に答えられる質問をしてあげる

相手に、話かける事が出来たとしても、続けて何を話していいのかわからなくて、話をするのが怖い。

そんなふうに悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そういう時は、質問をしていあげるといいですよ。

ただ、中には質問はしていても、会話が続かない人もいます。

それは、YES・NOで話が終わってしまうような質問しているからです。

会話する話題に困った時は、その人でないと答えられない質問をしましょう。

例えば、趣味だったり、得意な勉強の事だったり、そうすれば話題は豊富になり、続けて会話ができますよ。

④相手の話をしっかり聞こう

友達を作るのが上手な人とは、話が得意な人と言う訳ではないのです。

どちらかと言うと、聞き上手な方が友達はできやすかったりします。

人は、基本的に自分の話を聞いてくれる人が大好き。

だから、聞いてあげると、相手は喜んで話してくれます。

話を聞いて欲しい人は大概、自分で結論を持っていますので、

相手の意見は求めていない事が多いです。

だから、上手く答えてあげる事はあまり考えなくて大丈夫。

相づちしながら、話を聞いてあげたり、意外な話が出た時にはちょっとリアクションを大きく、反応してあげるだけで充分です。

聞いてあげる事が上手であれば、話が苦手な人でも周りから友達は寄って来るようになりますよ。

 

友達を作るには、話の持って行き方に、色んなコツがあるって事、わかって頂けたでしょうか。

『人間観察』をしっかりして、自分に合う友達を見つけていきましょう。

そして、質問をして相手の話を聞いてあげましょう。

でも、そもそも『人見知り、コミュ症』で自分から話しかけるのがとても苦手・・・という人もいますよね。

そんな人でも大丈夫。

自分から話しかける事が出来る人も、逆に躊躇してしまう人も、思考を少し変えるだけで、友達は確実に作れるのですよ。

次はその事についてご紹介していきますね!

 

 

人見知りや、コミュ症でも大丈夫!友達を作る為の思考とは?

①周りのみんなも不安を抱えていると言う事を知ろう

進学や、環境の変化によって周りは知らない人ばかり。

「今回を期に友達を作りたいけど、不安で何も出来ない。

そんな人は、まず安心する事から始めましょう。

あなたがそんな気持ちでいると言う事は、同じ気持ちで悩んでいる人が他にも必ずいます。

そして、知らない人ばかりの中にいる事は、誰しも不安なものです。

人見知りやコミュ症の人達は、常に不安を抱えている状態にあるので無表情になりがちで、周りの人に近寄りがたい印象を与えてしまう事が多いです。

ですが、不安が少なくなると、人は自然と表情や雰囲気が穏やかに変わるので、周りから話しかけられる確率が、断然アップしていきます。

周りのみんなも、不安な気持ちは同じなのですから、安心しましょうね。

②変なプライドは捨てよう

ちょっと厳しい話になってしまいますが、大切な事なので紹介しますね。

それは、人見知りやコミュ症の人が、友達を作る為には、

思考を変える必要があると言う事です。

例)

・自分から話しかけたくないけれど、誰か自分に話しかけて欲しい

・相手にうざったいと思われると嫌だから、自分から話しかけたくない

・自分ばかり気を使うのは嫌

このような考えが頭によぎるようであれば、それは変なプライドです。

かけ引きの様な気持ちを、人は敏感に察知するので、相手に不快感をあたえてしまいます。

もちろん不安な気持ちが混ざって、そう考えてしまうのだとは思いますが、残念ながら、そのように他人は受け取ってくれないのです。

他人がどうとか、関係無いのです。

必要なのは、自分がどうしたいのか、どうなりたいのかと言うこと。

そして、無理せず自分に合う方法で、コミュニケーションを取って行くそれだけなのです。

だから、友達を作る為には、変なプライドを捨ててしまいましょう。

『人見知りやコミュ症』の人に限らず、全員に言える事ですが、自分が無理をしてまで、色んな人と関わろうとしなくても友達は出来ますよ。

ただ友達を作る前に、もし変なプライドがあるなら、捨ててしまいましょう。

思考が変わると、なにより自分の気持ちが一番楽になりますから、是非試してくださいね。

 

続きまして、こんな悩みです。

「友達も大切だけど出来ることなら、ワンランク上の特別な友達が欲しい」

確かに、ワンランク上の友達関係であるいわゆる『親友』は、1人いるだけで、とても心強いものです。

親友を作るには、少々信頼関係を築く為に、時間は必要ではありますが、例外なく、作る事は誰にだって出来るのですよ。

それでは今から詳しく、ご紹介していきますね。

 

 

親友が出来る人と出来ない人の違い、作り方

①無理をして広く、人と仲良くなろうとしない

親友が出来ないと悩む人の中には

無理をしてまで、知り合いを増やそうと考えている傾向があります。

知り合いをたくさん増やせば、親友が見つかる訳ではありません。

親友とは、気が付くといつのまにか側にいた。

そんな状況になっている関係の人の事を言います。

親友が出来る人は、自分がストレスを感じてまで、広く人と関わろうとしません。

そして、自分と気が合う人だけを本当に大切にしていきます。

しかし、中にはたくさんの知り合いも親友もいる人がいますよね。

そういう人は、人とのお付き合いが上手なんですね。

ただ結論は同じで、親友以外とは浅く付き合っているだけなのです。

無理してまで、色んな人と広く付き合おうとすると

人間関係のトラブルに巻き込まれる事も少なくないのです。

それにより、人と関わるそのこと事態に嫌気がさして、疲れ切ってしまう恐れがあります。

大切なのは、自分が無理をしてまで仲良くなろうとしない事です。

②気が合いそうな友達とは二人で行動してみる

実は、友達がたくさんいるように見える人は、意外と表面だけの付き合いしかできておらず、親友は居ないという事も、少なくありません。

色んな人に、同じように愛想を振りまくので、表面だけの付き合いしか、出来なくなってしまいがちなのですよ。

表面だけの関係では、お互いの本当のところは見えてこないものです。

さらに一歩踏み込んだ関係を築いて行く為には、気の合う友達と、少しずつ二人だけで話してみたり、行動を一緒にして行く事が必要です。

大勢の中にいると大人しいのに、二人で話をすると、たくさん話ができる人っていますよね。

二人で話をしたり、行動する事は、周りの目を気にする事なく、自分らしさを出しやすくなります。

気が合いそうな人と、そういう時間を少しずつ作っていけば、お互いが相手を理解しやすくなるので、親近感が生まれます。

③相手を縛り付ける事は絶対にNG

親友は、短期間で出来るものではありません。

稀に、会ってすぐ会話がとても盛り上がり、この人ならと思う事もあるかもしれませんが

お互いがそう感じているとは限らないので、すぐに信頼し過ぎてはいけません。

なぜかと言うと、相手がそこまで思っていない場合、重たく思われてしまうからです。

親友とは、離れていても常に繋がっているような存在です。

あなただけの友達だと、縛り付けようとしてしまうと逃げたくなってしまいます。

自分の気持ちばかり考えるのではなく、相手にも必要とされているかどうか、相手からも話かけてきてくれているかどうかなど良く考えて、まずは相手の気持ちを、優先してあげましょう。

時間をかけて、ゆっくりと。

親友を作る為には、あせりは禁物です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、友達の作り方や、人見知りの場合の思考方法、親友の作り方をご紹介してきました。

友達を作るには、『人間観察』、共感して貰えそうな話題をふること、相手が答えやすい質問をすることが効果的でしたね。

人見知りの人は、まずは自分が安心する事がとても大切です。

思考もちょっと変えてみて、変なプライドは捨てる事が友達作りには必要なのです。

そうして時間をかけ、相手の気持ちも尊重することで、いつのまにか親友が出来ているものだとお伝えしました。

そして、全てにおいて、なにより一番大切な事は!!

人の話をしっかり聞いてあげる事です。

話を聞いてくれる人には、友達が自然と集まってくるようになりますよ。

そうそう、のび太君とドラえもんのような関係、理想的ですよね!

いろんなトラブルがあって、言いたい事を、言い合って

「ドラえもんなんか大嫌いだ!! 」なんて大喧嘩をしても

最終的には、お互いの気持ちを理解し合う事で仲直りしています。

今回、こちらを読んで実践していく皆さんには、友達ができると思います。

そして、いずれは、ドラえもん(親友)だって出来ると思います。

ただ、本物のドラえもんのように、異次元ポケットは、無いと思いますが(笑)

必ず、あなたの心強い見方になってくれるはずです。

安心してくださいね、方法さえ間違わなければ、誰にでも、友達や親友は必ずできますよ!

ファイト♪ 応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*