人が怖い…人と話すのが怖い原因と対処法4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人が怖い。」

あなたは、そう感じた事はありませんか?

思春期の中高生の中には、突然そう思い始めてしまう人が結構いるんです。

『人が怖い』と感じてしまう自分を、なんだかおかしい…とわかっていながらも

どうする事もできなくて、1人で苦しんでいたり、病気ではないのか?と不安に感じてはいませんか?

そんな不安を、いつも抱えているなんて、とても辛いですよね・・・。

今回は、「人が怖い」と思う原因や、その恐怖から一日も早く解放されるための対処法についてご紹介していきますね。

人が怖い!人と話す、関わるのが怖い理由とは

そもそも、なぜ「人が怖い」と思ってしまうのでしょうか?

ここでは、そう感じる人の特徴や、原因を解説します。

まずは原因を知ることで、解決方法も見つかりやすくなりますよ。

①周りに迷惑がかかるのではないかと不安になる

自分の事を低く評価し過ぎており、周りにいつも迷惑を掛けていると思い込んでいる状態です。

安心感が無く、何に対しても自身が無いために他人の目ばかり気になります。

②嫌われるのが怖い

相手に好かれる自分になりたいと、相手の事ばかり考えて生きて来たという過去があります。

他人から期待されるとプレッシャーに感じてしまします。

ただでさえ頑張っているのに、頑張り過ぎて耐えきれなくなり、人と関わる事事態に恐怖を感じてしまいます。

③仮面の自分を演じてしまっている

うわべだけでいい。

そう思っていると、初めて話す人となら普通に話せるけれど、だんだん親しくなると、自分に自信が無いため、怖いと思い始めます。

駄目な自分を絶対見られたくないので、自分から嫌われるくらいなら、最初から、仲良くしなくていいと初めから距離を置こうとしてしまいます。

④トラウマになっている経験がある

幼い頃など大きな恐怖を親や友達等から感じた経験があると、同じような場面に出くわした時に、その時の同じ恐怖が蘇ってしまう事があります。

これは、危険から身を守る為の本能的な防衛反応です。

 

以上、人を怖いと感じる原因についてお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか?自分の状態に似ているものがありましたか?

人が怖いと感じるのは、自分の気持ちよりも他人の目が気になってしまう特徴があるのです。

それでは次に、どうしたらそんな恐怖心から解放されるのか?

対処法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

人が怖い時の対処法4選

①「自分は注目されていない」ことを知る

他人はあなたが思っているほど見ていないという事を知りましょう。

例えばあなたは、誰か1人だけを一日中観察していますか?

まず無いと思います。

他人も、あなたと一緒なんですよ。

②失敗を恐れない

恥をかきたくない、緊張したくない、失敗したくない』

そんな考え方を持っている人は、考え方を変えてみましょう。

恥をかきたくない ⇔ 面白くしよう

緊張したくない ⇔ どうせやるなら楽しもう

失敗したくない ⇔ 初めての事にチャレンジしてみよう

過去に偉大な事を成し遂げた人達は失敗を恐れませんでしたし恥すら次を成功させるための土台にしていました。

一番は、なんでも客観的に考える癖をつける事です。

例えば他人が失敗した時に心から馬鹿にしますか?

よほど心がねじれているか恨みでもない限り「ドンマイ」って声をかけてあげたくなるはずです。

発想をポジティブに変えて行く練習をしていきましょう。

③思い込みを捨ててしまう

人が怖いと考える人の心理には、他人の気持ちを、自分の中で妄想してしまうことで、「悪く思われている」と決めつけてしまう所があるようです。

緊張 = 恥ずかしい事だ

会話がへた = 嫌われる原因

赤面する = 変な顔だと思われる

こうした妄想による思い込みも、現実的(客観的)に考えると、緊張がほぐれ普通に行動できるようになっていきます。

他人がそうだったら、自分はどう思いますか?

そこまで、気にならないですよね。

④会話のトレーニングをする

人が怖いという状況に居る人は、会話が減って話をする事にも苦痛を感じてしまいます。

会話が苦痛だと感じてしまうと、さらに人と関わる事が嫌になってしまうものです。

自分から一生懸命話す必要はないので、まずは人の話をちゃんと聞く事の練習をしましょう。

人は、聞いてもらう事が大好きです。

笑顔で聞くだけて相手も喜んでくれて、あなたの緊張も和らぎます。

話す内容が思いつかない時には、相手に質問してあげればいいのです。

そしたら相手がまた話始めてくれるので、そのやりとりをしているうちに、会話が怖いという事は無くなっていきます。

 

人が怖いと考える事によって、回避する癖がついてしまいます。

そうする事は、実は逆効果となり不安を強くする原因に繋がっていくのです。

大変ではありますが、行動する事で克服するしかないのです。

しかし、行動が難しいのに行動しろ!とはいいません。徐々に、無理なく進めて行く事が大事です。

人が怖いと思う気持ちは、誰にでもあるのです。

だから、自分だけおかしいと感じる必要はないのですよ。

きっとこれだけでも、心がだいぶ軽くなるのではないでしょうか?

考え方を変えるだけでも、かなり楽になるので是非ためしてみてくださいね!

 

 

まとめ

今回は、『人が怖い』と感じてしまう理由と対処法をお伝えしてきました。

まず、人が怖いと思う気持ちは、誰にでもあるのです。

だから、自分だけおかしいと感じる必要はないと言う事をお伝えしました。

他人の目を気にする必要はありません。

自分を作ると周りが見ても、不自然に映ってしまうものです。

ありのままの自分を自分が認めてあげる事からスタートしてくださいね。

次は、人が怖い原因でしたね。こちらもやはり他人の目や評価が気になる事が原因でした。

『人生の主役は私、他人は全てエキストラ』

エキストラの目を気にして、脇役になってしまうようなヒーロ-やヒロインはいませんよね。

だから、自信を持ってくださいね。

そして、今回お伝えした内容で一番大事な事は、「自分を自分が認めてあげる事」です。

自分を大切に出来ない人は、誰からも大切にされないのです。

だから、まずは自分を一番考えてくださいね。

最後にもう一回伝えておきます。

あなた自身が、ヒーロー、ヒロインですよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*