嫌な上司の特徴と上手な付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日行って、一日の半分以上の時間を過ごす仕事場。

そこに、自分の嫌な上司がいるとしたら、毎日がとても苦痛で、ストレスも積み重なるばかりですよね。

せっかく仕事の内容は好きだったり、同僚は好きだったりしても、ひとり嫌な上司がいると、それだけで、すべてがイヤな気持ちになってしまいます。

今回はそんな嫌な上司の特徴、嫌な上司との付き合い方、嫌いな上司のストレスが限界に来た時はどうするか?などについてご紹介します。

私も若手の時に嫌な上司が直属だったので、そのことの経験を踏まて書きますね。

この記事を読んだ後は、少しでも気持ちが楽になっていると思いますよ!

嫌な上司の特徴とは?

嫌な上司というものは、どこの会社にでも一人や二人いるのかもしれませんね。

どういうところが嫌なのかは、個々の価値観で違うとは思いますが、

今回は、だいたい言われる嫌な上司の特徴の例をあげていきます。

①口調がきつい、暴言

今の時代、口調があまりにキツかったり、暴言を吐くと「パワハラ」と言われることを上司も恐れている人が多くなってきました。

それでも、まだ存在しますよね。

こういう人が口をそろえて言うことは、

「俺の時代はもっときつかったぞ」

「最近の若者は・・」

というようなセリフです。

正直、今は今なんです!と言いたくなる(笑)

②怒る、すぐイライラする

ゆとりがない上司。すぐ怒ったりすぐイライラを態度に出すので、部下などは常に顔色を窺っている状態です。

こういう上司は「できない」などの言葉を嫌い、根性論で物事を考えたりします。

それに、自分のことは棚に上げているのですね。

自分にも、新人でできなかった時代があったのに、それを忘れて部下には完璧を求める。

こういう上司は意外と、もう一つ上の上司から色々言われているというケースもあります。

③やたらと細かい

チェックなどが相当こまかく、なんでもねちねちと言ってくる。

このタイプの上司は実は小心者に多く、常になんでも把握していないと不安なタイプ。

だから、プライベートにまで踏み込んでくることもあります。

④いったことがすぐ変わる

さっき●●と指示を出していたのに、半日後に〇〇と指示がかわっていて、現場に混乱させる上司。

このタイプは、できる上司にもたまにいるので、見極めが重要かも。

なんでも改善改革にはスピードが必要なので、それでの支持変えは必要なこと。

そうでなくて、自分の感情や意見で変えているのは、混乱させる元です。

⑤歓送迎会、飲み会など誘いが多い、または強要する

この上司も①の上司と少し類が一緒で、

「俺の時は次の日が仕事でも朝までつきあってたぞ」みたいな昔を引っ張る系が多かったりします。

その他、家にかえっても楽しくない人(笑)

たまに誘われるのは、労ってのことや心配してくれてのこともあり得ます。

頻繁だったり強要してくる上司は、意外と少なくないですよね。

 

このように、嫌いな上司というのは、それぞれ人によって感じ方が違います。

ただ言えるのは、上司が嫌いだと、毎日が苦痛になるのは間違いないですよね。

ただ、今の仕事内容は好きであったり、嫌いな上司以外は好きな会社だったりすると、なおさらもどかしい気持ちになります。

そんなあなたに、次に嫌な上司との付き合い方をいくつか伝授しますね!

 

 

嫌な上司との付き合い方

嫌な上司との付き合い方はいくつか方法があります。

その方法を紹介していきます。

①その上司のいいところを見つける

一度嫌いだと思うと、もう嫌なところにしか目がいかなくなる。

これは、上司に関わらず、人間関係によくあることです。

一度冷静になり、この嫌いな上司の良いところに目を向けてみてください。

整理するなら書き出してみても良いと思います。

だれにでも欠点はあります。

そういう風に捉えられたら、上司への見方も変わるかも!!

②反面教師にする

自分が上司になるときは、絶対こんな人にならないぞ!と誓う(笑)

ようするに反面教師にするんです。

人は鏡と言われます。

自分でも気づいていないところで人を傷つけたりしてしまうのです。

もしかしたら自分も気づいていないだけでそんなことがあるのかも。

という風に考えてみて、上司の嫌なところを逆手に取り、自分はこういうことをしないでおこうと学んでいくことができます。

③なるべく避け、関わらない

なるべく同じ時間に同じ空間にいるのを避ける努力をして距離感を保つこと。

小さい会社だとなかなか難しいかもしれませんが、できるだけ距離を保つことで、自分の平静さを保つようにすることで、ストレスは軽減されます。

④嫌いな上司の懐に入ってみる

少し難易度が上がりますが、上司の好きそうな部下を演じてみること。

実は私はこれを試しました(笑)

大成功でしたよ(笑)

正直、感情をすぐ表にだしたり怒ったりする上司は子供なんです。

子供なので、褒めたらすごく気分をよくします(笑)

なにかにつけて褒めたり、おだてたりします。

使うことばとして、「すごいです」「尊敬します」「今日の髪型素敵ですね」などなど。

褒めるところを見つけて言葉で伝える。

初めのころはうさんくさいような顔で見られましたが、のちのち可愛がられるようになりました。

でもこれが通用するのは、上司全般ではなく、あくまでも子供のような上司にですね!

⑤完璧な仕事をする

上司が口を出せないほど完璧な仕事をすることです。

そして、その上司の上司になること!

私は、④で懐に入りながら、お腹の中は⑤でした。

絶対見返して、私がこの人の上司になって、全然違う指導の仕方を見せてやる!

と思って仕事をしていました。

その人の直属の上司になることはなかったのですが、

その人より役職が上になることはできました。

そういう意味では、この嫌な上司のおかげでハングリー精神がみなぎり、頑張れたのかもとおもうと今では感謝です。

 

嫌な上司は、言葉は悪いですが『使いよう』ではあるのです。

ある意味、逆手にとって自分が頑張れたりもします。

もうひとつとしても、そういう嫌な上司との付き合いをすることで、人に対してのやさしさとか、人に対しての接し方をある意味学ぶこともできます。

物は考えよう、捉えようだなとも思います。

そうはいっても、嫌な上司との付き合いは辛すぎる!

色々試してみたけど、もう限界!

という方には、次の見出しで対処法をお伝えしますね。

 

 

嫌いな上司のストレスで限界になった時は

嫌いな上司のストレスが限界MAXに達してしまった時!もう、逃げるのみです!

なぜかというと、自分の心が壊れてしまうからです。

自分の心身を壊してまで行かなければいけない仕事なんてありません。

心と健康あっての仕事です。

ただ逃げるというとマイナスな表現に思えるかもしれませんが、大事な自己防衛なんですよ!

その逃げ方の方法もいくつかあるんです。

以下説明しますが、①と②は、嫌な上司がいること以外、仕事が好きだし会社も好きだという方の逃げ道です。

もうそれも超えて限界だというかたは、即③を選んでください。

①違う上司、または嫌いな上司より上の人に相談

チクるみたいで抵抗がある方もいると思いますが、自信を持ってチクってください!

この被害者はあなただけではなく、他の人も思っているかもしれないのです。

あなたがみんなの代わりに代弁者になるだけなので、後ろめたいなんて思わなくて大丈夫!

ほかの上司などがきっと救ってくれます!

②部署異動願いを出す

もし、今の仕事にそこまで思い入れがなく、でも会社が好きだったり、他の人間はすきだったりするのであれば、その嫌いな上司と別の部署へ移動しましょう。

異動願いを出した時に伝える理由は、本当のことでも作った話でも大丈夫!

部署願いを出して、安心して働ける環境をつくりましょう。

③退職する

どうしても限界が来たら、退職もひとつの方法です。

最初にも伝えましたが、あなたの心身を壊してまで会社に行く必要はないのです。

心身が健康であっての仕事ですから!

今の仕事や会社などに未練がないなら思い切って退職も考えましょう!

 

まとめ

嫌われる上司というのは、口が悪かったり暴言での圧力的な上司、細かすぎる上司、イライラばかりしている上司など、主に感情がむき出しになっている人たちですとお伝えしました。

そういう上司に対しての対処法としては、良いところを見つけて見方を変えてみたり、反面教師にしてみたり自分を変えてみるのもひとつの方法です。

そうでなければ、徹底的に避けるのも方法ですが、私のように懐にはいるような作戦をとってみつつ、いつかこの人を見返す!!と、いう思いで仕事に奮起することも、できないことではないと思います。

でも、何をしてもダメで辛くて仕方なくなれば、まずは他の上司などに相談をしてみてください。

そしてどれをやってみても限界で、仕事内容や会社に未練がなければ、自分を守るためにも、退職を考えましょう。

世の中の悩みの90%近くが人間関係と言われます。

その中で毎日会う上司が嫌いなのは辛いことです。

自分を大切にしてくれる、そういう場所をみつけていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*