恋愛体質をやめたい人必見!恋愛体質を治す方法と恋愛依存体質の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛体質な自分って嫌になりますよね?

これすっごいわかります。

私もまさにそうだったなと感じます。

しかも恋愛体質の中でも、依存に近い体質。

ホントに自分で自分がイヤになる感じでしたが、性格だから仕方がないと思っていました。

でも、いまは全然違います!

先にお伝えしておくと、恋愛体質は変われます!

ただ、なくなるというわけでないのです。

もう少し詳しくお話したいので、今回の記事では、非恋愛体質になるには、恋愛依存体質の特徴、逆に恋愛体質になるには?という内容を紹介していきます。

この記事を読んで、『変化する』きっかけをつかんでください!

恋愛体質をやめたい人へ。非恋愛体質になるには?

恋愛体質になると、誰が被害者って、結局は自分が辛いんですよね。

相手にとっても重たくなるというデメリットがある上に、自分もしたくないのにそうしてしまうことの自己嫌悪。

頭で描いたり、ドラマで見たり、漫画で読む、こんな女いやだなーと思う女になりますよね(笑)

でも恋愛体質って変われるんですよ!

完全になくなるとかいうわけではないのですが、目を逸らすというか、恋愛体質のパーセンテージを減らせるというか。

その方法をお伝えしていきますね。

①夢中になれる趣味をもつこと

これは本当にびっくりするくらい恋愛体質から脱出できます。

というか、バランスがよくなる!

夢中になれる一人時間と恋愛をする時間とのバランスがとれるようになります。

それに、一人時間を充実させられる女性は素敵ですよね!

②仲間をつくること

遊び、趣味、推しなどなんでもOKなので、共通の何かを持つ仲間を作りましょう。

そうなるとその子たちと遊んだり話したりするのが楽しくて、これまた恋愛とバランスが取りやすくなります。

③仕事にとことん打ち込むこと

私はこれでした!絶大的効果!

ただ、仕事に熱中するだけでなく、野心を燃やし、目標を設定し、出世コースに乗りました!

もう恋愛なんて目もくれませんでしたよ(笑)

ただ、そういう時に限ってモテる…(笑)

④自由人になること

一人海外旅行など、キャンピングカー日本一周など、とことん大きなことを自由人としてやってみる。

人生一度キリに自分が何をしてみたいか考えて、突拍子もないことをしてみましょう。

世界が広がり、恋愛は二の次になりますよ。

少し仕事のところでも触れたのですが、そういう時に限ってモテたり、声を掛けられたりするものです・・。

ただ、自分がキラキラしている時なので、必然的だろうし、自分のレベルUPをすることで、さらにいい男性が見つかるかも!

恋愛ばかりどっぷりしていると、逆に魅力度が落ちてしまうのかもしれませんね。

ひとりでも楽しめる強さを持っている女性って、性別問わず魅力的に見えますよね。

とはいえ、そもそも恋愛体質ってどんな状態なんでしょうか?恋愛体質の特徴を次に説明しますので、当てはまるかチェックしてみてください!

 

 

恋愛体質とは?恋愛依存体質の特徴

恋愛体質の特徴を並べてみますね。

①惚れっぽい

ストライクゾーンが広いのですぐ惚れます(笑)

少し優しくされると惚れたり。

こういう人は比較的接しやすいので悪いことではないのですが、異性からは軽くみられがちです。

②刺激が欲しい

平凡な毎日がイヤで刺激を常に求めている人は、恋愛体質になりがち。

そして自分で気づかぬうちに、禁断の恋愛などにハマっているタイプ。

③さみしがりや

ひとりでいることが寂しくて仕方のない人は、恋愛体質の傾向にあります。

寂しいから恋人を求めるというタイプですね。

④承認欲求が強い

付き合うということは、相手から好かれているということ。

それにより自分の承認欲求が満たされます。

認めれているという安心感を得たいために恋愛体質になりがちなタイプ。

この欲求が強いと、付き合ってからも相手の気持ちを何度も確かめたりしてしまいます。

⑤依存傾向にある

これは恋愛だけでなく、なにかの依存する傾向のある人は、どんなことでも依存しがちです。

必要とされたい想いも強いので、一度必要とされるとそこに依存していく傾向にあります。

そして一度依存すると、それに寄りかかっていないと不安が生じてしまうのですね。

これが重たくなる原因なんです。

私もこの恋愛依存体質でした…。

⑥一途

恋愛体質な人は一途な人が多いです。

これも依存と同様に、すこし重たくなってしまう傾向のある人ですね。

⑦ロマンチスト

恋愛に夢を抱きがちで、常に想像しているなど。

漫画や小説などの世界のように浸ってしまっているタイプです。

⑧恋人ができると友達付き合いがなくなる

恋愛体質の人は、恋人ができると友達付き合いが極端に悪くなります。

とってもわかりやすいですよ!

友達と先に約束していても、断って彼を優先します。

耳が痛いのですが、私がまさにそうでした。

友達は許してくれていると勝手に思って、不義理をしたな、とのちのち後悔しました。

以上8つをあげてきました。

恋愛体質と恋愛依存は少し違って、もともと恋愛体質の人が、もう少し過剰になると恋愛依存に陥る、という感じですね。

ただ、なにも恋愛体質を完全に辞めなくてもいいんですよ!

初めの対処法でもお伝えした通り、やめるんじゃなくて、バランスよく恋愛をすることが大切、ということなんです。

いくつか自分に合う方法を試してみて、是非バランスのとれた魅力的な人を目指してみてくださいね!

次の章では、逆に恋愛体質ではない人が恋愛体質になりたいならどうしたらよいのか?ということについてお伝えしていきます。

 

 

恋愛体質じゃない人へ。恋愛体質になりたいなら

では、今までとは逆に非恋愛体質の人が恋愛体質になるには、という点でお話してみます。

恋愛体質ではない、恋愛に少し距離を置いている人には理由がありますよね?

自分に自信がない、恋愛の仕方がわからないなど。

まず恋愛体質になるきっかけを作りスタートさせましょう。

①髪型やファッションなど外見のイメチェン

まずは、自分の気持ちをあげる事と、男性からの目線を変えるために、イメチェンを試みてみましょう。

髪型を変えたり、メイクを変えたり、ファッションを変えてみましょう。

身近にいる男性も、アレ?と意識が変わりますし、目線も変わります。

なにより自分の気持ちが変わるので、きっかけ作りとしてすごく効果的ですよ。

②行動範囲を広げる

今までの行動範囲を広げてみましょう。

学校、会社と家の往復だったのを、外食、習い事、ショッピングなど、寄り道をして帰るというのからでもOK。

休みの日も出かける事を心がけて行動範囲を広げてみましょう。

出会いのチャンスも広がります。

③異性と接する機会を増やす

異性慣れしていないのであれば、異性と接する機会を増やしましょう。

まず身近な男性と食事に行くとことから。

友達でも全然OK。

そこから同僚やその少し周りの人と話すようにしたり、軽く食事に行ってみたりと、異性との交流を増やして免疫作りをしてみましょう。

このようにまずきっかを掴めば、毎日の生活に変化がでてきますので、そこからまた次のステップに移っていくことです。

まずは第一歩を踏み込んでみましょう!

 

 

まとめ

今回の記事では、恋愛体質についてお話してみました。

恋愛体質の人の特徴は、惚れっぽい、刺激を求めている、ロマンチスト、承認欲求が強いという素質から、依存体質、一途傾向、寂しがりや、ロマンチストなどの性格的なもの、

あとは恋人ができると友達と疎遠になる人などをあげました。

こういう恋愛体質な人は、一歩踏み込むと恋愛依存に陥ります。

そうなる前に、夢中になれる趣味を持ったり自分の時間を楽しめるようになったり、ひとりの自分としての充実に目を向けましょう。

恋愛非体質な人は、まず第一歩を踏み出してみましょう。

外見のイメージチェンジ、行動範囲を広げる、異性との交流をしてみるなど、まず一つ行動してきっかけをつかむところからスタートしていきましょう!

一見、恋愛と関係ないところもあると思いますが、このような行動をしていくことで、自分の時間も充実していって、結果的に魅力のある人となり、恋愛に結びついていきます。

好循環を作って、楽しい恋愛をスタートさせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*