仕事がしんどい…仕事が辛くなったときの対処法6選と、辞めたい時の選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事がしんどい」と思う時は、誰しも何度かは波が来ると思います。

仕事がしんどい理由は人それぞれです。

まだ慣れていないから、人間関係が嫌だから、仕事内容が嫌だから、上司が嫌だから、待遇への不満、状況への不満・・色々あります。

そして、その内容により、乗り越えていく課題なのか、転職するのかなど対応策が違ってきますよね。

今回の記事では、仕事がしんどいのは当たり前なのか?やりがいを見つける方法、辞めたい時の選択肢などをご紹介していきますね。

この記事を読んでいただければ、きっと気持ちが軽くなり、目の前に一筋の光が見えてくると思います!

仕事がしんどいのは当たり前?

まず初めに仕事はしんどくて当たり前なのか?ということに対しての答えですが、実は一概にそうとは言い切れません。

昔の風潮としては、どんな仕事でもしんどいものだ、耐えろ、〇年はまず働いてみろ、というのが当たり前でした。

でも昨今、仕事の内容の幅も広くなっていて、自分に合っている仕事ができると、多少辛いことはあっても、比較的楽しく仕事ができると思います。

ただ、それでも一定期間『しんどい』と思う時は必ずあるのも確かです。

特に、仕事の就き始めや、転職したばっかりの時、新しい環境に身を置いてしばらくというのは、やはりしんどいです。

人間関係もできていなければ、仕事内容もわからないわけですから、当然辛いですよね。

この状況に関しては、乗り越えるべきだと私は思います。

仕事にも慣れて多少人間関係も築いた上で「しんどい」ということが起きてきたり、何年もたっているのに、人間関係もできないし、仕事内容もイヤだというなら、他に目線を移すのもひとつの選択です。

なぜなら『新しい』『はじめて』という環境は、どこへいっても味わうことだからです。

それ以外の理由でしんどい場合は、やはり自分の考えをシフトしてやりがいを見つけていくか、退職するかの二択になってくるかな、と感じます。

 

そこで次に、その2パターンのそれぞれの方法をお伝えしていきます。

まずは、やりがいを見つける方法を説明していきますね。

 

 

仕事がしんどい時は~仕事にやりがいを見つける方法6

仕事がしんどい、でも辞めるのは少し違うかな…と思っている方に、現在の仕事にやりがいを見つける方法をいくつかお伝えしていきます。

①目標を設定すること

まず何も考えずに、目標を設定してみましょう。

人間、ゴールや目標があるとそこに邁進する集中力がでてきます。

そうなると、イヤだというマイナス面が見えなくなる作用があります。

仕事がどうあれ『目標』の達成に向かっているからです。

先のことなど考えずに、まずは目標を設定しましょう。

それは昇格でも昇給等の難しい内容でなく、細かい仕事の期限達成などでも全然OKです!

②ベンチマークにする人を見つける事

仕事的に、人間的にでもいいので、ベンチマーク・・つまり、「この人のようになりたい」という人物を見つけましょう。

私も幸い、それで乗り越えたというか、ベンチマークする人ができてからは、余計なことを考えずに仕事に邁進できた覚えがあります。

私の場合は身近な上司だったのですが、対象が近くにいなければ、有名なビジネスパーソンでもいいし、芸能人などでもOK。

その人のようになろうと決心するとおもしろいですよ?

話し方や癖なども知らぬうちに一緒になってきます(笑)

③ご褒美を設定すること

この仕事が終わったら、マッサージに行こう、この仕事のケリがついたら旅行に行こうなどと、単発でご褒美を自分に与えていくことです。

そうすることで、その楽しみの日に向かって頑張ることができます!

④仕事以外の充実度をUPさせ、リフレッシュすること

趣味やサークル、習い事など、仕事以外の時間で夢中になれる物を探してみましょう。

その楽しみが見つかると、仕事も頑張れたりするんですよ。

好循環が回りだすというか!

この仕事を今、頑張れば、〇〇ができる!という風に思うと楽しみも増えますよね!

⑤仲間を作ること

私の場合、前述のベンチマークとこの「仲間」というのが大きな仕事のモチベーションでした。

仕事がうまくいかなくて、落ち込んでどうしようもなくても、この仲間がいることで、どんなに頑張れたか図り知れません。

一緒に働く仲間がいるということは、この上ない心強さがあります。

落ち込んだ時もひとりじゃないし、嬉しいことがあったときも一緒に喜びあえる。

この共有できる仲間というものは、意外と一生涯の同志になり得ます。

⑥なんのために仕事をしているのか、大義をみつけること

一度、自分がなんのために仕事をしているのか?を考えてみると良いと思います。

家族のため?自分の人生の充実のため?社会貢献のため?

なんでも良いのです。

自分のためには頑張れなくても、何かのためになら頑張れたりするんですよね。

私もそうだったな、と思います。

私は、仲間のためという思いが強かったです。

でもあとあと気づくのは、結局全部自分のためになっているということですけどね(笑)

 

以上、仕事のやりがいを見つけていく6つをお伝えしました。

これを実践してみても、どうしても辛い…精神的に限界、という時は、退職という選択肢も浮かんできますよね。

最後に、辞めたくなった時の選択肢をお伝えします。

 

 

仕事がしんどい!やめたい時の選択肢とは

仕事がどうしてもしんどい!もう辛いという時、無理して頑張り続ける必要はありません。

どうしても辞めたいと思った時、いくつかの選択肢がありますので、それぞれ自分に当てはめて想像してみてください。

①部署や配置換えをしてもらう

今の組織の中で、仕事内容がイヤ、人間関係がイヤ、等の特定の理由がある場合です。

もし今の会社内で、仕事内容が違う部署やいくつかの部署があって、その違うところならもしかして頑張れるかも!という考えがあるなら、配置転換を上司に相談してみましょう。

②副業を始めてみる

今の仕事の期限を自分の中で決めて、それまで副業を試してみましょう。

(副業OKの会社であれば!ですけれども)

そして副業をしてみて、そちらを本業にできそう、少し稼げるという状態になって入れば、転職もしやすいですし、辞めた後に露頭に迷うこともありません。

③転職先を探し出す

辞めてから転職先を探すのには、意外と時間がかかったり、一度休んだりしてしまうとエンジンがかからないということもあり得ます。

ですので、できれば次の就職先を決めてから退職のほうが、生活を考えても安心です。

④上司に相談

もうどうしても辞めたいという時には、辞めるにしろ今の辛い思いを解消するにしろ、上司にまず話を聞いてもらいましょう。

もし、しんどい原因が上司の場合は、他のチームの上席や、先輩を通じて相談するのも一つの方法です。

そしてその次のステップへ移りましょう。

⑤休職

これも上司に相談は必要ですが、精神的に限界が来ていて今後のことも考えられない、という時、その会社にいたまま休職という選択もできます。

心と体の健康を取り戻すため、少しの期間休職するのもひとつの方法です。

 

以上、5つの選択肢をお伝えしました。

ただ、何より大切なのは、自分の心と体の健康です。

ひとつ言っておくと、もう辛くて体にも精神にも異常をきたしている、壊れそうだと思っているなら、早めに休職か退職を検討しましょう。

精神を病んでしまっては、なんにも頑張れないし、健康あってこその仕事です。

まずはなにより自分の気持ちを優先しましょうね!

 

 

まとめ

仕事がしんどいという時、毎日すべてがしんどく思えますよね。

仕事がしんどい時は、気持ちを切り替えてやりがいを見出すか、辞めるというどちらかの選択肢が頭によぎるかと思います。

やりがいを見つけるには、目標設定、ベンチマーク、ご褒美設定、仲間を見つける、など直接仕事に関わることでモチベートしていく方法、仕事以外での夢中になれる何かを見つけて仕事もモチベートする方法、大義を見つけることで、仕事の意義を考える事などが挙げられます。

でもどうしても辞めたい時の選択肢として、辞めた後の生活も考えて、先に転職先を決めておく、仕事をしながら副業をしていくなど、エンドを決めてそれまで頑張る方法、上司に相談、配置変え依頼、休職など、人に頼り方法を考えていくことなどが挙げられます。

自分の体と心の健康あっての仕事です。

無理はしすぎずに、頑張れる範囲で取り組んでみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*