結婚前の不安の解消方法3選!結婚したいけど不安なのは当たり前!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚について考えた時に、幸福な予感と共に不安が付き纏ってきますよね。

結婚を望んではいるけども、踏み切れないという方は多いのではないでしょうか?

結婚する友人はみんな幸せそうな人ばかりで、不安なんか抱えていなさそう…

ネガティブなのはわたしだけ?と焦るのも仕方ありません。

なぜなら、結婚に対するポジティブな気持ちは進んでシェアしたいですが、ネガティブな部分はできるだけさらけ出したくないのが女性というものです。

実際のところは、結婚に対して不安を抱えている人は多く存在し、それを乗り越えながら日々夫婦が誕生しているのです。

この記事では、世の中の既婚女性は本当に不安を抱えているのか?どのようにして解消してきたのか?

また、結婚前までにはそれらすべての不安要素をすべて解消するべきなのか?

気になる疑問を一挙解決できるような内容になっています。

記事を読み終わる頃には、あなたも確信をもって「この人と結婚する」と言えるようになることでしょう!

結婚前に不安になるのは当たり前のこと?

結婚することになった、もしくは結婚の予定の女性のうち不安を抱えている人の割合はどのくらいだと思いますか?

全国の16歳以上の初婚女性の調査結果によると、

答えは、約85%です!

非常に多くの女性が、結婚に不安を抱いているのです。

では、なぜ不安な気持ちになるのでしょうか?

それは、結婚は一人でするものではなく、元々別の場所で生まれ育った二人が結ばれてできることであり、相手の気持ちを100%理解することが難しいからです。

また、未来を知ることはできないので、予測不能なことに対する誰しもが抱く不安の一種でもあるのです。

つまり、不安を持つことは当たり前のことなのです。

当たり前のことではありますが、やはり不安要素は少しでも減らしておきたいものですよね。

不安を取り除くことで精神的な健康にもつながりますので、多くの人が抱えている不安についてその内容と解消方法についてご紹介していきます!


結婚の不安解消法!3つの悩み別に紹介

多くの女性が不安になる、3つの悩みについて解消法を詳しく見ていきます。

苦しんでいるのはあなただけではありません。

是非この機会に、胸のつかえを解き放ち、もっと気楽な気持ちで結婚へと歩んでいきましょう!

①相手の性格が変わってしまうのではないか

優しい性格だったのに、結婚した途端に冷たく接してくるようになったり、

一途だと思っていたのに、実は浮気症であることが判明したり…

噂に聞くような、結婚前後のギャップの悲劇が、自分の身にも起こるのではないか?と考えてしまうととても不安になりますよね。

交際期間が長く、夫婦みたいなカップルになれば相手を良く知ることはできます。

結婚後に相手の性格が変わってしまうのではないかと思っているうちは、無理して結婚しようとするのではなく、焦らずじっくり付き合い続けてみることです。

また、一緒に生活することでしか見えてこないような一面を知るためには、結婚前に同棲しておくのも一つの手です。

自分と違う点があるはずですから、妥協可能か自分と相談してみる必要があります。

確かに、せっかくめぐってきたチャンスを逃したくない、という思いもありますよね。

慌てて結婚して、後悔する人もいますので自分の本当の幸せを考えるのであれば、時間をかけて確信をもって決断すべきなのではないでしょうか?

相手と過ごしてきた時間が長く、深く理解できていると思っていても、ふとした時に相手の知らない一面を知ることはまだまだあります。

また、付き合いが慣れてきた頃に、今までは気づかなかった引っかかる部分に気づくことがあります。

恋は盲目と言いますが、無意識に目をつむってっていた部分が、見えてきたということなのです。

これからどんどん慣れていく中で、後から気づく部分は多くあることでしょう。

じっくり付き合った後、改めて冷静な目で相手見つめ直してみてはいかがでしょうか?

②価値観の違いがある


現時点でわかっている価値観の違いがある場合は、それを受け止めて許容することができるのか考えておく必要があります。

後で大きな溝になる可能性があるからです。

浪費家または倹約家など、金銭感覚があっていないと大きなストレスとなることでしょう。

普段のデートや、話で聞く交友関係についてある程度把握していれば、おおよその金銭感覚は掴むことができますよね。

また、将来子供が欲しいのか、親と一緒に住みたいと考えているのかなど、二人の将来像が一致していないと、後で大きな問題となり悩むことになるでしょう。

今まで話す機会がなかった場合は、重要なことなので、ちゃんと時間を作って話しておくようにしましょう。

お互いの感じている価値観の相違について十分に話し合い、お互い妥協できるとことは妥協しておくことで結婚したときにトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

逆に一致しているところが多くあれば、少しの不一致は気にならないようになるでしょう。

③結婚に伴うお互いの家族に対する考え方が違う


結婚というのは二人だけの関係ではなく、お互いの家族も巻き込んで行うことですよね。

結婚は契約であり、一生添い遂げるという覚悟が必要な、人生における重要な決断の一つと言えます。
しかし、中には結婚は流れでするものであり、別に大した覚悟は必要ないと考えている人もいます。

結婚後、自分はこんなに相手や相手の親御さんに対して尽くしているのに不平等である、と感じた瞬間に今までの関係性が崩れてしまう可能性すらあるのです。

婚約時点で、結婚に対する覚悟に格差がある場合や、向き合い方が異なる場合、結婚後に何か問題が起きた時に修復することができるか、それともすぐに別れる選択をするか、分かれ道となります。
温度差を無くすためにも、お互いの気持ちを共有して理解し合っておく必要があります。

この問題に関しても、話あってお互い受け入れることができるのか、認識を合わせて格差をなくすことができるのか、確認する必要があります。

じっくりと話し合うことで不安の解消につながることでしょう。

 

さて、ここまで具体的な結婚の不安解消方法についてお伝えしてきました。

でも、どうしても漠然とした不安が尽きない・・・

最後に、そんなあなたにメッセージを送りたいと思います。

 

 

彼氏との結婚が不安…このまま結婚していいの?

どんな不安を抱えているかにもよりますが、結婚に多少の不安はつきものです。

85%もの女性が結婚に対して不安を抱えているのですから、結婚式の花嫁も不安を乗り越えてその場所に立っていることになります。

幸せそうな花嫁姿を見て、憧れを抱きつつも、いざ自分自身がその立場になってみると気づく心情に戸惑いますよね。

マリッジブルーという言葉があるように、結婚前後は多くのことを悪い方向に考えてしまい、不安を抱えてしまうものなのです。

それは結婚に限りません。

何か大事なイベントが控えている前日であったり、結果発表の前日なんかは、悪い想像をして眠れないなんてことはありますよね?

何か重要な出来事がある前に、あらゆることを想定できている証拠でもあるのです。

「備えあれば憂いなし」というように想像しておくことで、実際にことが起きた時にうまく対処できる可能性が高まるのです。

逆に何の心配もない方が、想定外のことが起きてしまった時にうまく対処できなくて、その瞬間から悩みが発生することになるので、解決にも時間を要してしまうことでしょう。

このことから言えることは、不安を抱えている状態は健全ということなのです。

「すべての不安を解消してからでないと、結婚できない!」ということはないので、自分の中で重要な点だけは、事前に準備を整えておき、想定しておきましょう。

その対策さえしておけば、後は結婚し二人で助け合いながら解決していけばよいのですから、一人で抱え込む必要はありません。

 

 

まとめ

多くの女性が結婚に抱く3つの不安要素について解消法と共にご紹介してきました。

一つ目は「相手の性格が変わってしまうのではないか」という点です。

これは、冷静な目で相手を見つめ、相手の本質的な性格を見抜くことが必要です。

また、長期的な交際や、結婚前の同棲により深く知ったうえで、結婚に臨むことも可能となります。

二つ目は「価値観の違い」についてです。

相手の考えを受け入れたり妥協することができるのか、よく考え十分な話し合いの時間を確保しましょう。

三つ目は「結婚に伴うお互いの家族に対する考え方の違い」です。

夫婦生活を続けていくうえで、根本となる考え方なので、最初の段階で互いの考えをすり合わせておきましょう。

不安要素があったとしても、結婚後二人で協力して解決していけばよいという気楽な気持ちでいてください。

相手への信頼があれば、確信をもって結婚に踏み切れるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*