「彼女はいらない」と言う男性の心理は?必ず振り向かせる方法5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな人、気になる人ができて、お付き合いしたいなと思い告白したいけど、その男性が『彼女はいらない』と言っているみたい。

一定数ですが、そういう男性いますよね。

熱中する他のものがあるから・・という、その時のタイミングでいらないというケースもありますが、基本的に彼女はいらないという人もチラホラいたりします。

そういう男性を射止めるにはどうしたらよいのでしょうか・・。

今回の記事では、そんな「彼女いらない」という男性の心理や本音、そんな男性を振り向かせる方法、彼女いらないという男性との付き合い方などをご紹介していきますね!

「彼女はいらない」と言う男性の心理とは?本音はコレ!

彼女はいらないという男性の心理はいくつかあります。

私の兄弟や友人を含めた、多数の男性にアンケートも取ってみました。

男性のリアルな声を一挙紹介していきますね!

①仕事が忙しすぎる

仕事が忙しすぎて、恋愛どころではない。

こういう時期はあるということです。

就職したばかり、転職したばかりもそうですし、仕事が忙しすぎて、恋愛なんて考えられる余裕がない、という状態です。

女性はそういう状態では癒しが欲しくて、むしろ彼氏を求めたりしますが、男性は、いくつかのことをいっぺんにするのが女性より不得意と言われます。

そのため、仕事が忙しすぎると頭の中は、仕事のことのみになります。

②自由でいたい

恋愛といえば、縛られるイメージが強くて、自由でいたいという心理。

一人の時間が好き、女友達と自由に遊びたい、男友達とバカやって騒いでいたい。

そういう気持ちがある場合、彼女という存在が重い時もあります。

もう少し自由でいたいという時期もありますよね。

③熱中している何かがある

趣味、サークルなど、熱中している何かがあると、彼女の存在は不必要というかむしろ邪魔だと思い込んでいる状態。

男の人って、何かにハマると子供のように熱中して、それ一筋になったりします。

そういう時間や空間を、彼女という存在のために無くしたくないという思いがある時期もあります。

④めんどくさい

これは、イメージの問題もあるのだと思いますが、めんどくさいと考えている人もいます。

過去の恋愛の経験から、もしくは友人の話を聞いていて、彼女という存在がめんどくさいと思っているケースがありますね。

⑤恋愛のトラウマ

過去の経験から、浮気された、傷つけられた、めんどくさかった、忘れられないなどのトラウマがあるとき。

「またそういうことになるのではないか」という自己防衛本能から、彼女というものに対してのトラウマができてしまっている人は、彼女を作ることに消極的ですね。

⑥お金がかかる

これも過去の経験からかもしれませんが、彼女がいるとお金がかかるというイメージ。

クリスマス、誕生日、食事、デート・・・。

いろいろお金がかかって、自分に使うお金が減ってしまう、もしくは彼女に使うほどのお金がないというケース。

これも、必ずしもお金がかかるわけではないのに、イメージが先行しているケースですよね。

 

ここまで、彼女がいらない男性の心理や想いをお伝えしてきました。

では、そんな男性を振り向かせるにはどうしたらよいのでしょうか?

次にそれをお伝えします!

 

 

「彼女はいらない」人の振り向かせる方法5選!好きな人が「彼女いらない」と言うならこうしよう

彼女はいらないという男性を振り向かせる方法をお伝えしていきます!

これまでの記事を読んでもらって分かるかもしれませんが、『彼女がいらない時期』だったり、『彼女ができるとこうなる』という思い込みがあるように思いませんか?

ということは、いらない時期を超えたら作るだろうし、思い込みが外せたら彼女を作るということですよね?

だったら、頑張りようがあるんです!

①ほめちぎる

男性は、『褒められる』ということに弱いです(笑)

同性同士で褒めるなども女性より無いですし、会社ではなかなか認めてもらえないという気持ちも持っています。

だから女性に褒められるということは、とても効果的なんですよ。

趣味にしても、仕事に対しての姿勢でも何でもよいので、褒めてみてください。

特に外見でなく、中身のことで、なるべく彼が自信をもってそうなこと。

「この女性はわかってくれている」と思われることを狙ってみましょう!

②弱っている隙を狙う

これは女性を落とす時にもよく言われていることですよね?

失恋後、会社でうまくいっていない時など、優しく話を聞いてあげること。

弱っているときに優しくされたり、味方になってくれたりすると、意外とコロっといくかも(笑)

③一緒の趣味などに寄せていく

夢中になっているものに一緒に参加できたら、彼女のポジションに入るのも夢ではないです。

彼と同じ趣味にする、彼の夢中なものに自分も参加するなど。

彼も自分の夢中なものを一緒に楽しめるなら彼女というポジションの前向き検討はアリだと思います。

④ひたすら待つ

失恋後、忙しすぎるなど、心の余裕がなく彼女がいらないのであれば、友達などの今の距離感を保ちつつ、ひたすら待ってみる。

そっと見守ってあげるのも優しさですよね。

⑤親友ポジションをGETする

一気に彼女ではなく、まずステップを踏み、親友になってみましょう。

よき理解者、一緒にいると楽しい人というような、親友。

そこまで近くなってからの彼女でも遅くはないとおもいますよ!

 

彼女がいらないという男性を振り向かせるための5つの方法をお伝えしてきました。

ただ、落とそうと必死になって、自分を殺して彼に合わせすぎてしまうと、いつの間にか都合のいい女扱いになってしまうケースも・・。

そこで次は、都合のいい女にならずにいれる、彼女のいらない男性との付き合い方を次にお伝えしていきます。

 

 

「彼女いらない」男性との付き合い方 ~都合のいい女にならないために

彼女がいらないという男性に、『彼女にして』と言って仕方なしにOKされる場合、得てして都合のいい女になりがち。

自分の中でも、せっかく彼女にしてくれたから・・と頑張りすぎてしまう傾向がなきにしもあらずなのです。

いつの間にか、嫌われないために必死で彼に合わせ続ける事になると、決して良いお付き合いができているとは言えませんよね。

ですので、しっかり自分を持った状態でつきあうことを意識しましょう。

自分を持つということは、彼に合わせっぱなしでなく、線引きを自分の中で明確にしておくということです。

①会う(会おうと誘う)のは週に二回にする

②自分の時間を〇時間持つこと

③LINEのやりとりは〇回まで。

上記は例えです。

こういう風に決めておくことで、自分がしつこくならず、依存しすぎずいられる状態にしておくということですね。

いつの間にか彼に合わせて、彼にとって都合のいい女になってしまうと、彼女という存在から一番遠い存在になってしまいます。

距離感を大切にしていくことが、きちんとお互いを尊重できる恋愛関係へのステップですね!

 

 

まとめ

今回の記事では、彼女がいらないという男性の心理、振り向かせる方法、都合のいい女にならない方法をお伝えしてきました。

彼女のいらない心理としては、仕事がいそがしい、夢中になるものがある、自由でいたい、めんどくさいという時期的なもの、恋愛へのトラウマ、お金がかかるなどの経験からの心理などがありました。

彼女がいらないという男性を振り向かせるには、男性を褒める、弱っている隙を狙う、一緒の趣味などに寄せるという方法や、ひたすら待ってみる、親友ポジションを狙うなどの方法をお伝えしました。

しかし、彼女がいらないという男性を振り向かせることに必死になり、都合のいい女になってしまいがちなケースがあります。

そうならないためにも、自分の時間や、自分のスタンスをしっかり持ちながら、彼女の座をGETできるように、がんばってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*