「彼氏はいらない」女性の本音と心理!彼氏いらないのはダメなこと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏がいらない、そんな時期みんなありますよね。

理由はひとそれぞれだし、そう思う期間も人それぞれ。

そしてそういう時に限って告白されてモテ期になったり、彼氏が欲しいと思った時にはできなかったり、うまいこと回らないものだなと思いますよね。

それに、付き合うこと自体、めんどくさくて付き合いたくはないけど、恋愛はしていたい時もあれば、彼氏ずっといらない・・という気分に自分が変なのでは?と思ったり。

恋愛って、なんでこんな複雑なんでしょうね。

今回の記事では、彼氏はいらないという女性の本音、いらないと言われたときどうするか?

彼氏がいらないと思うことは変なのか?恋人が必要ないと思っているときにこそ告白されるその理由などをご紹介していきますね。

Crop young calm couple faces together

「彼氏はいらない」女性の本音とは?「今は彼氏いらない」と言われたら

彼氏はいらないという女性の本音はいくつか理由が見え隠れします。

それを見極めて、どうするかの行動を決めていきましょう。

①断り文句

これは、彼氏が実際にいらないのではなく、あなたとはお付き合いできません…という断りの理由として使っているということがあり得ます。

この場合は、彼氏がいらないわけではなく、脈なしということですね。

②プライド

プライドからイメージとして彼氏を求めている自分と思われたくない故の強がり、プライドということがあります。

こういう場合は、付き合える可能性は大いにありますので、少し時間をかけるとよいでしょう。

時間をかけて、心を開いてもらうのが先決です。

③トラウマ

過去の恋愛経験から、もう恋人が作るのが怖いというケースがあります。

この場合も、ある意味、脈はあるのです。

この恐怖感、不安感を取り除いてあげることができれば一番良いですよね。

ですので、時間をかけて、一番近くにいてくれる、なんでも話せる相手にまずなることが大切です。

④疲れや諦め

過去の経験からや、いろんな情報がありすぎて自分で恋人像やカップル像を想像しては疲れて諦めている状態。

結構多いんですよ。疲れるくらいなら恋人なんて作らなくていいという女性。

ひとりのほうが気楽という答えにたどり着いてしまっているんですね。

この場合も時間が必要です。

この人といると疲れない、楽しい、一緒にいても心地よいと思われる関係を築けるときっと変わってきますよ。

⑤自分に自信がない

自分に自信がないあまりに、彼氏がいらないというケース。

わたしなんか・・と思っている人は、恋人という存在を持てあましてしまうんでしょうね。

自分に自信がないから彼氏がいらない、傷つきたくないという自己防衛です。

この場合は、付き合えるかどうかというのは、難しいところです。

相手に好きという気持ちや良いところを伝え続ければ、恋が叶う場合もあるでしょう。相手に自信をつけてあげる、ということですね。

ただ、あまりに自分に自信がない状態の人は、相手からの好意も素直に受け取れません。その場合は、もうあなたの言動の問題ではなく、彼女自身が問題を解決する必要があります。

 

さて、ここまで彼氏がいらないという時の女性の本音をお伝えしてきました。

女性は、あまのじゃくだったり、素直になれなかったり、心配性だったりしますので、そこをケアしてあげると、恋人昇格も十分にあり得ます。

それでは次に、そもそも『彼氏がいらない』と思う女性は変なのか?

そう気にしている方に向けて説明していきたいと思います。

 

 

「彼氏はいらない」女性って変?

結論からいうと、彼氏がいらない女性は変ではありません。

とっても普通のことです。

仕事が忙しい、なにか夢中になっているものがあるという場合は、他に楽しみがあるということなので、なんの不思議さもないし、またいつか欲しいと思う時がくるでしょう。

過去のトラウマや、傷つきたくない、縛られず自由でいたいというような場合は、心配や不安、ネガティブイメージからのことなので、これも不思議ではありません。

恋愛のイメージを変えるということが必要になってくるかもしれませんね。

それと、『もともと恋愛というものに興味がわかない』という場合。

このケースは、体質の問題でもあります。

だからと言って変なのではなく、一定数、異性に興味が湧かないということが自然な人がいるんです。

それは、持って生まれた気質なので、おかしいことでも何でもないです。

彼氏がいらない女性が変だということは決してありません。

 

ただ、周りが恋の話に花が咲いているような時に、自分が恋に興味がないとなると、自分がダメなのかな、と思ってしまいますよね。

次に、彼氏が欲しいけどいらないということって、ダメなことなのかを検証してみましょう。
 
 

彼氏欲しいけどいらない…それってダメ!?

彼氏が欲しいけどいらないことって、ダメなことなんでしょうか?

年齢的なこともあり、恋愛がすべてかというように周りが恋の話ばかり。

そういう時に自分が恋愛していないと、周りからは彼氏をつくれとヤイヤイ言われます。

それって正直、疲れますよね。

そして、彼氏がいらないわけではなくて、欲しいけど、いろいろそこまでの経緯もふくめ、めんどくさくなってしまうんですよね。

だって、好きになって、駆け引きして告白して、成就するところまでもめんどくさい。

そして、彼氏は欲しいんだけど、デートなど約束事が増えたり、今まで以上にいろんなことに気使うことが出てきたりで、それもめんどくさい。

それがダメなことなのかと言われたら、全然ダメではありません。

この手のめんどくささの解消は、どんな人が彼氏になるかで結構変わってきますよね。

そのお相手も、自分ひとりの時間が好きだったり、出不精だったりするなら、お互い気の合う感じでペースもあって、めんどくささも半減しそう。

ただ、そういう人でないタイプを好きになってしまったら、やはり多少は気を遣うことが必要となってきますよね。

結局は、そこの天秤具合だと思います。

めんどくさいより彼氏が好きでたまらないなら、自然にがんばるだろうし、めんどくささが勝つならば、そこまでの人だということですよ!

本当は、自分と価値観やペースが合う人を好きになれると一番いいですよね。

 

そして、不思議な現象があります。なぜか恋人がいらないと思っていたり、周りに宣言している時ほど、告白されてしまうことありますよね?

これ、あるあるです(笑)

次に、その理由を説明してみますね。

 

 

「恋人はいらない」と思っている時ほど告白される理由

恋人がいらないと思っているときに限って、告白されたりしますよね。

欲しいと思った時は、全然音沙汰なしなのに(笑)

これって不思議ですけれど、あるあるなんですよね。

でも、恋人がいらないと思っているときって、肩の力が抜けていたり、自分らしくいて自分の何かに夢中になっているから、恋人を必要としない時なんですよね。

だからなんだか余裕があって、そして夢中になる何かがあるため、キラキラして見える。

そしてそんな時、自分を最優先に考えているので、自分を大切にできているから、そのうえで人も大切にできるんですよね。

いわゆる、ガツガツしていない心のゆとりがある状態。

そんなことって、顔に出たりするんです。

顔つきが優しかったり、目がキラキラしていたり、そういう状態なのでモテたりするんですよね。

男性で言えば、変な例えをしてしまいますが、既婚者がモテたりすることがあります。

それは、家庭も落ち着いてて仕事も落ち着いてて、余裕があるように見え、頼りがいがあるように錯覚してしまうんです。

そう考えると、恋人がいらないというガツガツしていない時は、逆にモテる理由もわかりますね。

 

 

まとめ

彼氏がいらないという時の女性の本音はいくつかの理由があるとお話しました。

単なる断り文句の場合もあるし、トラウマやプライド、諦め、自信のなさのようなネガティブイメージから出てくる言葉の場合もあります。

彼氏がいらないと思うことって変なことでもなんでもないんです。

そういう時期というのもあり得ますし、体質的に必要ないこともあり得ます。

でもそういう必要ないという時に限って、モテて告白されたりする。

不思議なものですよね、でもあるあるです(笑)

そういう時の自分って、少し気持ちに余裕があったり、他のことで潤っていたりするから、なんとなくガツガツしていないように見えるんでしょうね。

その気持ちの余裕さが、モテに繋がったりするのかもしれません。

このご時世、みんな違って良い、というのが体現されてきているように感じます。

だから、自分の心の声に従って、周りとは比べず、焦らず自分の幸せの価値を基準にして、

人生を謳歌していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*