好きか分からない!彼を好きな感情が分からなくなった時の心理と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好きで付き合い始めて、ラブラブ期間を過ごしても、気づいたときに『あれ?好きじゃなくなってる?』ということ、ありますよね。

でもそれって普通のことだと思うんです。

人って気持ちが変わるものだし、その人の違う面を見てズレを感じてきたり。

じゃあ、別れれば良い!・・・という簡単なものでもなく、誰と付き合ってもそうなるかもしれないし、欠点なんて誰にもあるものだし・・なんて考えてモヤモヤしますよね。

今回の記事では、好きかどうかわからなくなる、その原因とは?好きかわからない時の対処法は?結婚を前提にしているときの気持ちの揺れの対処法などをご紹介します。

私は10年ほど、ウエディングプランナーをしていてたくさんのカップルを見てきましたので、その経験も踏まえてお話していきますね!

好きかどうかわからない原因とは?

好きかどうかわからなくなる原因というのは、いくつかの視点があります。

その原因を紹介してみますね。

①マンネリ

長く居るとどうしてもマンネリがでてきて、付き合い始めのときめきやドキドキ感がなくなります。

でも、これって、「好きじゃなくなった」とは違うケースがあります。

慣れからくるものであり、落ち着きや安心感とも考えられます。

その境目の見極めが大切。

もし、落ち着きなどからのマンネリなのであれば、お互いの努力で打破できます。

落ち着いて自分らしく過ごせる相手を失うのは、後悔することにもなり得ますので、マンネリ=好きじゃないではないということを頭の隅に置いておいてください。

②イヤな部分が見えてきてどうしても気になってしまう

付き合い始めは、相手のすべてが好きで、完璧に見える!

恋は盲目、ということですね(笑)

でも、時間がたつと嫌な部分が見えてきます。

そこで、嫌な気持ちが勝ちすぎて好きじゃなくなるということがあり得ます。

でも、これも見極めが大切。

嫌な部分って誰にでもあるんです。

自分にも。

でもその嫌な部分も含めて好きでいられるか、その嫌な部分が許せないか、それが今後の付き合いを続けるかの境目ですね。

③思っていた人と違っていた

これもよくあるパターンです。

昔、私も付き合っていた人からこれを言われました(笑)

人は往々にして、本当の自分をすべてさらけ出して付き合うわけではありません。

例えば私の場合は、周りから見た私と本当の自分は全然違うということがあります。

でも、心を許した相手には、素を見せ始める。

初めは、好かれたいし、警戒心から見せないんですよね。

その期間が人より長いかも・・。

周りから見た私は、いつも元気で明るくリーダーシップがあり、姉御肌。

でも、ホントはどちらかと言えば臆病者だし、甘えたがりだし、ルーズ。

だから付き合う時には、そんなしっかりものの私だと思って好きになってくれて、時間がたって私が素を見せるとアレ?と思うのでしょう。

でもそれってお互いにとって仕方のないことかな・・と思います。

思っていた人と違ってさらに良し!という場合と、ずれる場合がありますね。

④相手や自分の環境が変わってしまった

例えば相手が先に社会人になった場合は、学生と社会人では気持ちや過ごし方が結構違うので考え方のズレが起きてきます。

他には、どちらかが独り暮らしを始めた場合も、自立した方がそうでないほうを見下しがちになるとか。

環境が変わったとき、人の気持ちは変わりやすいのです。

その時に、好きじゃなくなった、という心変わりが生まれてくることがあります。

 

以上、4つの観点において、好きじゃないかもと思う時の原因をあげてみました。

そこで大事なのは、好きじゃないかも、と思った時の対処法ですよね。

次にその対処法をお伝えしていきます。

 

 

好きなのかわからない時の対処法

好きなのか、どうなのかわからない、そんな時の対処法をお伝えしていきますね。

①少しこのまま距離を置いてみる

せっかく一度はときめいて、特別な人だと思った相手。

すぐ別れるとの決断は、待って!

少しこのまま距離を置いてみましょう。

電話の回数を減らしてみたり、ラインのやり取りの回数を減らしてみたり、会う回数を減らして、接触時間を少し減らしてみましょう。

そして少し自分を見つめてみて、時間がたって、どんな風に自分の気持ちが変化するか見てみましょう。

②第三者に相談してみる

自分の今の気持ちを声に出して相談してみましょう。

これは、相手からのアドバイスを求めるわけでなく、自分が声に出すことと、話すこと、そして相手からの質問で自分が考えること、そこから答えが導きだされることがあるからです。

もちろんアドバイスをもらうという意味での相談もOKなのですが、きっと自分の中でだいたい決まっているので、それを声に出すことで気持ちがはっきりするという効果が望めます。

③自分の趣味などの時間を持ってみる

わざと相手との関係から目をそらし、自分の熱中できそうな趣味などを持ってみる事です。

頭の中が恋人でいっぱいになっていたのを、少し自分自身の充実にあててみる。

そうすることで、余裕が生まれたり、気持ちがすっきりしたり、もしかしたらその熱中したものを恋人と一緒にやりたいと思うことだってあり得ますよ。

④マンネリ打破のため、新しいことに二人で取り組んでみる

好きじゃない理由がマンネリであれば、お互いの努力が必要なんです。

努力なしに恋や愛は長続きしません。

ですので、いつもと違う服装でデートをする、いつも行かない美術館に行く、二人でスポーツをしてみるなど、普段しないことを二人でしてみましょう。

④相手に本音を伝えてみる

率直に相手に今の中途半端な思いをぶつけてみましょう。

相手も同じことを考えていることもあり得ます。

そうでない場合でも、話を聞くことで相手もきちんと考えてくれ、なにか提案をしてくれるかも!

これから長く付き合っていく可能性も考えるのであれば、相手になんでも話せた方がよいですしね!

⑤別れる決断をする

どうしても、好きじゃないという気持ちが変わらない、時間がたつにつれて大きくなっていくのであれば、別れる決断もひとつでしょう。

好きじゃないと確実にわかっていて付き合うのは、自分にとっても相手にとっても時間の無駄です。

迷いや悩んでいるのであればまだ決断は待ってもいいですが、もう気持ちがないと言い切れるのであれば、別れるという決断もひとつの選択肢です。

 

以上、5つの対処法をお伝えしてきましたが、せっかく縁あってお付き合いをした相手ですから、自分の気持ちを見つめなおして最善の方法を取りたいですね。

ただ、付き合っているという時点と、結婚という話で進んでいる時点では、また決断の重みが違ってきますよね。

次に結婚という話に進んでいるカップルで迷いが生じているときの対策をお伝えしていきます。

 

 

結婚に迷い。彼が好きかわからない時は

冒頭にもお伝えしましたが、私は10年ウエディングプランナーをしてきました。

たくさんのカップルをみてきて、結婚式の打合せの間が約半年以上あるのですが、その間に、結婚に迷う人は半数以上いるんです!

びっくりでしょ?結婚が決まって幸せなはずなのに。

でも、この時期が一番迷う時期なんですよ。

マリッジブルーも本当にあるのですが、それ以外、リアルにいろいろ出てくるんです。

結婚式の打合せってすごく大変なので、その過程で相手の色々に不満が出てきやすいし、相手のおうちとの絡みもたくさんあるので、不安が募ります。

結婚に迷いがでてきたら、まず冷静になりましょう。

そして次のことを試してください。

①紙に書き出す

イヤに思っていることを書きだしてみましょう。

そしてそれに対してどうするかを書いてみるんです。

例えば、

・同棲したけど、家事は何も手伝ってくれない→まずはそれを話してみよう!

・喧嘩が多いけど、一緒に住むともっと増えるのかな→ルールを作ってみよう

など、書き出すことで、行動が生まれるので、行動から改善が生まれやすいのです。

②恋人と話し合ってみる

できるのであれば一番試したほうが良いですね。

だって、結婚となると、『生活』を共にするわけです。

育ってきた環境が違うので、考え方が違うのも生活スタイルが違うのも普通のこと。

それが自分のと違うことでお互いストレスになることは多々あるのです。

でも、考え方を変えれば、育ってきた環境が違い、生活のスタイルが違うからこそ新しい価値観を取り入れられて刺激になり楽しい!というのもあり得るのです。

自分の恋人に対してはどちらの感情になるのか、それは話してみないとわかりませんので、できるだけ話あいましょう。

それに、ここで話し合うという機会をしっかり設ける事で、今後結婚生活でなにか不都合が起きても話し合える関係ができますよ!

③結婚している先輩の話を聞いてみる

経験者の話を聞いてみる事が、けっこうタメになります。

しかも男女それぞれの側からの話を聞いておくとよいでしょう。

そうすることで、相手のことも考えられるし、先輩の話を自分に照らし合わせて考えたりすることができて、自然に答えが導き出されます。

 

このように3つの対策をお伝えしてきましたが、結婚前というのはみんな不安になる時期なんです。

漠然とした不安。

相手にギャンブルや暴力、ハラスメントなどよっぽど誰もが悪だと思う理由があれば、もう思いきって結婚は白紙です!と言い切れます。

しかし、ちょっとした短所が気になる、生活面の不安、一生添い遂げる重さの不安などからくるものであれば、冷静になり自分と相手を見つめなおしてみましょう。

特に、付き合い始めや、なぜこの人を好きになったのかなどプラス方面を考えてみると意外とスッキリしますよ。

私もプランナーの時不安なカップルに、相手の好きなところ、なぜ付き合ったのか?などHAPPYな質問を投げかけてそれを口に出して答えてもらうことで、気持ちを再確認してもらっていました!

 

 

まとめ

恋人のことを好きじゃなくなったかもと思う時って、なんだか切ないですよね。

はっきり嫌いならスッキリしているけど、なんか心変わりなのかな?という不安。

好きじゃなる原因には、マンネリや相手の嫌なところを見てしまうことや、思った人と違った、環境が変わることなどが理由に挙げられます。

そして、その原因を打破するには、少し今までより距離を置いてみる、第三者に相談して、自分の気持ちを声に出してみることで関係を見つめなおしてみましょう。

その他にも、自分の趣味などの充実時間を作ってみる、マンネリ打破のため新しい何かを恋人と初めて見る、お互いの本音で相手に話してみる、それでもどうしてもだめならお別れの決断もひとつです。

ただ、結婚の話が進んでいるとなると少し重みがあり別れの決断も難しいですよね。

そうした場合には、自分の気持ちを紙に書き出し整理してみる、恋人と向き合って話してみる、既婚の先輩男女にそれぞれ話を聞いてみるなどの対策をとってみましょう。

世界の数ある人の中で、縁あって特別を感じ出会ったふたりです。

惹かれ合って付き合ったのは事実ですから、自分と相手をもう一度みつめてみてください。

そうすることで、さらなる良い関係になれるし、また新しい出発を切ることもできますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*