自分に自信がない人へ~自信の付け方を大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に自信がある人って、輝いて見えてうらやましいですよね。

でも実際は、自分に自信のない人のほうが多いのです。

そしていつになったら、どうしたら自信ってつくのかわからないですよね。

今回の記事では、自分に自信がない人の特徴、自信のない時の自信の付け方、

自信がなさ過ぎて生きていくのさえ辛い時の対処法をお伝えしていきます。

この記事を読めば、少しでも今の自分を認めて自信が付けられますよ!

自分に自信がない人の特徴

早速、自分に自信がない人の特徴を紹介していきましょう。

 

①顔や外見にコンプレックスがある

まず、顔や外見にコンプレックスを持っている人は、自信を持っていない人ですよね。

誰か他人から外見を指摘されたら一気にコンプレックスになりますし、

自分で自分の嫌いなところがあるとコンプレックスになります。

ちなみに私は顔の中に大きなほくろがあるのです。

顔だからめっちゃ目立つ・・。

これが学生の頃は、すっごくコンプレックスで隠して歩いていました。

 

②彼氏や友達等、他人に褒められても素直に受け取れない

自分に自信がないので、褒められても素直に受け取れない人です。

例えば、スタイルいいよね!と褒められても、自分がそう思っていないからまず否定から入ります。

そして、素直にも受け取れず、こういうこと言ってからかっているというような捉え方をする傾向にあります。

 

③過去にいじめられたり、大失恋をした、受験に失敗した等のトラウマがある

いじめ、大失恋、失敗からのトラウマで自信が持てない。

これは多少、自信がなくなって仕方がないし、当然なくなってしまうなと感じます。

あとで自信を取り戻すことはもちろん可能です!

ただ、一度その時の想いを味わうと、同じようなシチュエーションがくると身構えてしまいますよね・・。

 

ここまで、自信がない人の特徴を説明しました。

当てはまるな!と感じた方は、次に自信の付け方を伝授しますので、

ぜひ取り組んでみてください!

 

 

自分に自信がない時は?自信の付け方を大公開!

自信がないことの克服は、自信をつけるしかないのです。

私にはできない・・と考えがちですが、間違いなくできますよ!

だって、自信というものは『自分』の中の価値観であり、人と比べるものではないからです。

冒頭にも少し触れましたが、自信をつけるには、できなかったことをできるようにする、

またはしたことのないことにチャレンジする!ということなのです。

『人より上手に・・』という、人と比べてできるなど自分でない誰かと比べて自信をつける必要はないんです。

というより、比べるのはナンセンス!昨日の自分より成長したか?

比べるなら過去の自分にしましょう!

では具体的な自信の付け方8つのポイントを大公開します!

 

①小さな成功体験を積み重ねる

これは非常に効果的で具体的な方法です。

毎朝今日の小さな目標を2.3個立てます。

例えば、今日の挨拶は全部自分から目を見て声をかけること。

そして実践していきます。それを一日の終わりに振り返って達成感を味わいます。

この時、例えば一人二人は自分からできなかったということが実際にあっても、

それを自分で非難しないこと!

大事なのは、完璧に実践することではなく、取り組んでみた自分を評価することです。

小さな達成感の積み上げが、自信につながります。

 

②自分のアピールポイントを探し出し、鏡の前で毎日言う

自分のアピールポイントを探してください。

ない!という人でも無理やり探すことから始めます。

私なんて、ほっぺが美味しそうくらいですね、思い浮かぶの(笑)

それでもいいんですよ。それを可愛いと捉えるようになりますから。

そのアピールポイントを鏡の前で毎朝口にだして褒めてください。

始めは恥ずかしいんですよ。でも、次第に鏡の前の笑顔が当たり前になり、

それが人前で自然にでるようになり、いつのまにか自信になっています。

 

③他人と比べない

これは最も大切なこと。

自分への自信が欲しいのに、人は関係ないんです。

とかく、人と比べできないから自信がないという判断になってしまうのですが、

そもそも人よりできることになんのメリットがあるでしょう。

人には得手不得手があり、あなたが、できる!と思っている人にもできないことはあります。

ですので、比べる事自体が、自信とは関係ないことです!

他人と比べる事は、もうやめましょう。

 

④自信のある人と関わる

これもなかなか効果的な実践方法なんですよ。

自信のある人と関わっていると自分も次第にそうなっていきますよ。

『類友』ですね!

これは法則的に絶対にあります!

だから私は、基本的に前向きな人と友達になろうとします。

そうすることで、自分もそういられるから。

しかし、時により愚痴ばっかり耳に入る時があります。

その時は自分も、愚痴っぽくなっているもんなんです。

人は自分の鏡ですからね。

 

⑤周りに褒められたことをストックしていく

周りに褒められたことを素直に聞けなくても、言ってもらったことはノートに書き留めておきましょう。

そして振り返って、どんなところがそう思ってもらえたのかなど分析をしてみて、自分の強みに変えていきましょう。

特に、一度でなく、何度か同じことで褒められるのであれば、間違いなくあなたの長所です!

何度も聞く内容であれば、ありがとうを素直に聞き入れ、自分の長所のストックをしていきましょう。

 

⑥筋トレする

この筋トレをするというのは、嘘みたいでしょう?

でも本当に効果的だと私が実践してみて感じていますし、一石二鳥以上の効果です。

どんな効果がでるかというと、実際に筋肉がついてスタイルも良くなる!効果。

そして、体が強くなる効果、やればやった分結果がでるので、自分で頑張ったのもわかります。

そうなるとやはり自信はつきますね。

それとともに良い点は、運動なので気分もそのたびスッキリするんですよ。

それがとても良い相乗効果を生んで、自信につながっていくのだと感じます!

 

⑦コンプレックスを武器にする

コンプレックスを武器にするというのは、少し難しいことかもしれませんが、とても良いことなんです。

前述しましたが、私の顔には大きなほくろがあり、子供の頃、からかわれたりもして、超コンプレックスでした。

ほくろを取ることもずっとずっと考えていましたが、今もあります。

なぜか。いつのまにか、トレードマークになったんです私のなかで!

必ず人に覚えてもらえる!これはとても効果的なことでした。

社会人になって仕事をしてよくメリットに感じるようになったんですよね!

コンプレックスが武器になりました!

 

⑧「ありがとう」を口癖にする

ありがとうと言うことを癖にしてみましょう。

ありがとうと言うのは、人から言われても自分で言っても気持ちの良い言葉です。

この言葉を発しているだけでなんだか気持ちが良くなるんですよね。

言われたら、さらに気持ちがよい!

ありがとうを言ってもらえるとなんだか自分がいてよかったんだなと言う気持ちになり、

小さな自信が生まれます。

ありがとうを言ってもらうには、自分がまず、ありがとうを振りまくことです!

 

以上、8つのポイントで自信をつける方法を伝えてきましたが、

克服する以前の問題で、自信がなさすぎて生きていくのも辛い・・。

そこまで落ちてしまっている人へ、次に対処法を説明しますね。

 

 

自信がなくて、生きていくのがつらい時は?

もう自信がなさ過ぎて生きていけないほどつらい・・そんなあなた。

あなたが自信がなくてここまで落ち込んでいるのは、きっと過去のトラウマや、幼少体験です。

あなたが悪いわけじゃない。

過去と他人は変えられないものなのです。

でも、自分と未来は変えられるんです!

だから、まず、自信がないのは自分のせいじゃなく、一種の病気だと理解してください。

そしてしかるべき医療機関に行きましょう。

心療内科などは、じっくり話を聞いてくれて、適切な対処をとってくれます。

むりやり自信を持つために動くより、まずしっかり話を聞いてもらい、

自分がなぜここまで自信がなくなったのかを自分で知ることから始めましょう。

自分が悪いんじゃない・・そう心にストンと落ちれば、自分を変える事も未来を変える事も、必ずできますから!

 

 

まとめ

自分に自信がない人の特徴、改善、対策方法などお伝えしてきました。

自分に自信がない人は、過去のトラウマ、外見のコンプレックスなどが要因で、自信を無くしています。

8つのポイントでその無くした自信を取り戻す対処法を説明しました。

小さな成功体験を積むこと、長所をさがすこと、人と比べないこと、自信のある人と関わること、周りに褒められたことをストックしていくこと、筋トレをすること、コンプレックスを武器にすること、ありがとうを口癖にすること、です。

全部ではなくてよいので、できそうなことから取り組んでみてください。

でも、もうそれどころではなく、自信がなさ過ぎて落ち込んで、生きるのも辛いくらいまで言ってしまっている状態なら、しかるべき専門機関に相談しましょう。

まず話を聞いてもらうことからスタートして自分と向き合っていきましょう。

今からの自分と未来は、変えられます!

ぜひ、自信を持つことができる自分に変身してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*