無愛想をなおす方法4選!無愛想な人の特徴や対処法も伝授します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分ではなんとも気持ちは思っていないのに、無愛想だと言われることが多かったり、誤解を受ける事があると、驚くと同時にショックですよね?

実は、私ももともと無愛想だと言われていたのですが、転職をしたときに、それを克服しなければいけない状況に迫られて、自分なりに努力をすると改善できました!

いまでは、なんなら愛想だけで渡っている女子と言われるほどに(笑)

無愛想って変われないと思っていたのですがなんのその!変われます。

併せて、無愛想な自分が怖がられていたことも、あとあと聞きました。

無愛想だっただけに、無愛想な人への接し方もわかりますよ^^

今回の記事は、私の経験を踏まえて、無愛想、無表情、無口の違い、無愛想な男性や女性の特徴、無愛想の改善方法、無愛想な人への接し方を伝授します。

私の経験上なので、この記事を読んだら、きっと無愛想から愛想のある人へ大変身できます!

無愛想とは?無表情や、無口との違い

①無愛想

無愛想な人というのは、感情の起伏が穏やかなんです。

喜怒哀楽がそんなにないわけです。

ですので、反応が薄い、とも言い換えられると思います。

例えば、久しぶりに会った人がいたとしましょう。

愛想がよい人は『きゃー!!久しぶりー!!』という風に、嬉しそうに駆け寄ります。

ただ、無愛想と言われる人は、なんとも思っていないので、久しぶりな人でもスルーしたり・・・。

もう一つの例でいくと、上司が冗談を言った時、愛想のよい人はつまらないと思っても、リアクションを必ず取ります。

無愛想な人は、ここもまたスルーで、冷たい対応になってしまいます。

②無表情

次に無表情の人です。

このタイプは、感情があっても、顔には全く出さないタイプ。

悲しいや怒るというのが顔に出ないのはまだ良いのですが、嬉しいや楽しいなど良いほうの表情も顔にでないのです。

周りの人からは、なにを思っているのかわからない、と言われるタイプの人ですね。

誤解されてしまいやすい人でもあります。

ようするに①の無愛想と同じような感じですね。

無表情の人は無愛想のうちに入るということです。

③無口

口数の少ない人です。

無愛想と無表情と違って、話さないというだけなので、そんなにマイナスダメージは大きくありません。

良い意味で、口が堅いと信用に値する場合もありますが、悪い意味で、一緒にいても楽しくないという風に思われることもあります。

無愛想、無表情、無口、ともに言えるのは、相手としては『何を考えているのかわからない』ため、敬遠されがちになるということです。

ただ、3つともタイプ的には違うということですね。

それを踏まえて、次は無愛想な男性、女性のそれぞれの特徴を説明してみます。

無愛想な男性や女性の特徴とは?

無愛想な人を、性別で特徴を分析してみますね。

■男性の無愛想な人の特徴

①かっこつけ

男性は時に『クールがかっこいい』というイメージを理想に抱いていて、意外と無愛想がかっこいいと思っている場合があり得ます。

無愛想がクール、渋い、または、どのようなことに対しても動じず、冷静で堂々としている感じを連想するんですね。

ですので、無愛想を目指している、というパターンもあります。

確かに少女漫画でも、無愛想なクールキャラがモテたりしますもんね(笑)

②頑固

自分の関係のない話やメリットのないことなど興味がなくなってしまうこだわりのある頑固者は基本的に無愛想ですよね。

興味がないと一気にその無愛想さが炸裂!

わかりやすいといえばわかりやすい人ですけれども。

③不器用

本当は思っていることが違うのに、不器用なあまり表現がうまくできない人です。

この人は誤解されやすいタイプということですね。

例えば自分の中で迷っていて考えている最中だから、反応ができていないだけなのですが、周りから見ると無愛想で怒っているのでは?と勘違いされるパターン。

この不器用なタイプの無愛想さんは結構いるかもしれませんね。

■女性の無愛想な人の特徴

続いて女性の特徴をお伝えしていきます。

①相手を信用していない

警戒心が強い人ですね。

まずは、人を疑ってかかる人です。

私もそうなので、良く気持ちがわかります。

こういう人は、自分の感情を悟られないように、あえて無愛想にします。

そして相手の出方を見計らっているということがよくありますね。

②わがまま、自己中心的、マイペース

良く言えば、自分に正直で裏表のない人なんです。

自分のしたいことを、したいように、したい時にするとなると、どうしても相手に合わせるより自分優先になってしまいます。

それは決して悪いことではないのですが、とかくこういう人は、ペースが乱れると無愛想になりがちです。

③プライドが高い

多少②のタイプと通ずるところはあります。

自分で信念をもっているべきだ!と思っている人なので、行動と感情が一致していなければいけないないのです。

こういうタイプの人も、自分の考えを曲げなかったり、自分の思い通りにいかなかったりすると無愛想になりがちです。

 

男性女性により無愛想の特徴が違うのもまた面白いことですね。

それでは、具体的に、どのようにすれば無愛想な自分を変えることが出来るのでしょうか?

次に、いよいよ改善方法をお伝えしていきますね。

 

 

無愛想の改善方法選!

では、無愛想の改善方法をお伝えします。

 

①挨拶を自分からしましょう。

愛想のある人はまず人とのコミュニケーション上手であるのですが、どの人も挨拶が快活です。

一番取り掛かりやすいことなので、勇気をもってやってみましょう。

挨拶をするときは、『自分から、名前をつけて、目を見て、明るい声で』。

私は、結果的に一番これが効果的だったと思います。

挨拶をする人はしない人より好印象は間違いないのです。

特別な愛想がなくても挨拶は人を気持ちよくします。

そして私の場合は次のステップで、挨拶の後のひとこと!というのを実践しました。

『●●さん、おはようございます、アレ?今日雰囲気ちがいませんか?』

『●●さん、こんにちは、御無沙汰してます・・いつぶりですかね・・』

など、会話につなげる一言を挨拶の後に付けるようにしました。

 

②基本的な顔を笑顔にしましょう。

何もしていない時の顔を笑顔にする。

これ、一見難しいと思いますよね?実は一番簡単!

普段の表情を笑顔にするには、二つのポイントがあります。

口角と、目です。

まず、口角を普段から上げておくことなのですが、私はなんと割りばしで癖づけました!

のちのちマナー研修の講師などをしていて、このやり方をみなさんにお伝えするのですが、ほとんどの方が実践されますよ。

なぜなら、意識ではなく、もうそのような顔にしてしまうというトレーニングだから!

出勤時の車の中、家での隙間時間、そういう時に割りばしを横にして口にはさみます。

挟んだ時点で口角があがりますよね。

それをずっと挟んでおきます。

数週間すると、自然に口角の上がった顔になっています。

そして、目のほうは、眉毛や瞼を持ち上げる。

これは意識が必要かもしれませんね。私は仕事のデスクに鏡を立てて置いています。

そこでなんどもチェックをします。

一時期はコントのように、持ち上げてテープではったりしていました(笑)

この表情筋トレーニングによって、基本の顔が笑顔になりました。

そうすると、人は話しかけやすくなった、と言ってくれたのです!

皆さんも、ぜひ試してみてください。

 

③聞き上手になりましょう

話すことが上手になるより、聞くことを上手になりましょう。

なるべく話を聞く機会を増やして、自分で思いっきり意識をしながら聞いていください。

意識するのは、

うなずき、話しによって表情を伴わせる、時にうんうん、それで?など相槌を打つ。

話し手はとても話をしていて気分がよくなり、饒舌になり、またこの人に聞いてもらおうと思います。

 

④真似をする

これは、学びの極意で、こんな風になりたい、あんな人になりたい、という時に一番最初に始めることです。

愛想のいい人がどんな挨拶をしてどんなタイミングで笑っているか観察し、自分で真似をしてみるんです。

その練習を繰り返していると、いつの間にか愛想は身についています。

さて、ここまで無愛想な人の特徴や改善方法などをお伝えしてきましたが、最後に逆パターンです。

無愛想な人が怖くて、どう接したらよいかということを説明していきますね。

 

 

無愛想な男性や女性が怖い無愛想な人との接し方

無愛想な人のほとんどは、愛想よくなりたいと思っています。

ですので、前述の特徴を捉え、逆に積極的に話しかけてみてください。

怖いと思ってひるむより、挨拶をして会話が生まれたら、意外と怖くない!というのがほとんどです。

話しかけて欲しい、仲良くしたい、と無愛想な人も思っています。

そして気持ちとは裏腹に無愛想な人もたくさんいます。

好きな相手にだけ無愛想であるとか、あるあるなんですよね!

ですので、総じて、かまってあげることが無愛想さんへの対処法だと思います。

ただ、無愛想な人と初めて接する時には、相手のトーンや話すペース、声の大きさは合わせてくださいね。

そのほうが相手も安心できますよ!

 

 

まとめ

今回の記事では、無愛想の特徴から、改善方法、無愛想な人への接し方などをお伝えしてきました。

無愛想な人は、男性でいうと、かっこつけだったり、頑固、不器用なタイプの人に多いとお伝えしました。

女性では、相手を信用できないとき、マイペース、自己中心的、プライドが高い人に無愛想な傾向があると言いましたね。

ようするに、上手に表現ができないだけで、冷たい人であるというわけではないのです。

でも、誤解されるともったいないので、改善方法として、挨拶をすること、笑顔でいること、聞き上手になること、愛想のよい人の真似をすることをポイントとして練習してみてください。

そして無愛想な人との接するポイントとしては、積極的に話しかける事!

ただし、声のトーン、スピード、ペースなどは相手に合わせて話しをしてくださいね。

無愛想な人は怖い人ではなく、感情表現が上手な人ではないというだけなので、

改善できるところをしてみて、自己改革を起こしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*