結婚は幸せか?幸せな結婚をするためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「結婚=幸せ」という考え方は、無意識に私たちに刷り込まれ、結婚に至っていない場合は不幸であると考える人は少なからず存在します。

しかし、俗に結婚適齢期と呼ばれる時期に差し掛かり、「結婚とは?」「自分にとって本当に必要なのか?」と立ち止まって考えてみた時に、「何のために結婚するのだろう?」「結婚すると本当に幸せになれるの?」といったリアルな疑問にぶち当たります。

また、仮に周囲から羨ましがられる幸せそうな夫婦であっても、浮気・不倫が発覚し、離婚に至るパターンなども世の中にはあふれているため、結婚したからと言って必ずしも幸せになれるわけでは無いのだなと、ますますどうすればよいのかわからない状況に陥ってしまいますよね。

人生における幸福を感じること・ものは様々ですが、ここでは「結婚」に着目し、結婚することで人は幸せになれるのか、逆に独身であることが不幸なのか?

また、結婚を通して幸せに近づいていくにはどうすればよいのか、解説していきます。

あなたの人生における本当の幸せにたどり着くために、「結婚」が必要かどうか判断し、前進していくための考え方をご紹介していきます!

結婚は幸せか?幸せな結婚とそうでない結婚を既婚女性にアンケート

既婚者を対象に行ったアンケート結果によると、「結婚した方が幸せである」と感じている女性の割合はおよそ80%です。(「どちらかというと幸せ」と回答した人も含む)

実に多くの人が幸せであると感じているようですが、その理由は一体何でしょうか?

結婚して幸せな男女の理由

・一緒に生活する中で協力して家事ができる

・相手が優しくしてくれる、気持ちを汲んだ行動をしてくれる

・一緒に過ごす時間が楽しい

これらに加え、妻が夫に対して思うこととしては、夫が子煩悩である・経済力がある・頼りになる、

逆に夫が妻に対して思うことは、手料理を作ってくれること・家事や育児を担ってくれることなどの理由もありました。

夫婦や家族とは生活の基盤となる関係であるため、一番大切な時間を過ごす相手としてお互いを尊重し、大切にし合えている場合に「幸せ」と感じるのでしょう。

また、その家族生活を支える家事・育児・経済・食事などの役割分担や、協力体制が整っていることも、結婚生活では重要であるようですね。

 

結婚が幸せじゃない男女の理由

・価値観が違う

・家事育児の負担が片方に寄ってしまう

・相手の両親との関係がうまくいかない

・男女として見ていない

・経済力がなく不安定な生活

・相手に浮気癖がある

幸せではないと思う理由としては、夫婦の二人の根本的な考え方の違いがある場合や、生活に必要不可欠なお金の問題、家事育児の分担がうまく行かない場合などがあるようです。

また、第三者が関係してくる義父・義母との親戚トラブル、浮気相手との男女トラブルなど致命的な問題がある場合は、解決しようにもなかなか難しい問題のようです。

結婚して一緒に生活してみなければ知りえないようなこともあるので、未然に防いだり対策を取ったりすることは難しいものです。

問題に直面したときにどう対処していくかが重要ですね。

 

様々な理由により、世間の既婚者は結婚について幸福・不幸と感じているようです。

また、人によって幸せの尺度や、ものごとに対する許容度が異なるため、同じ出来事を一つ取りあげてみても、「幸福」「不幸」と感じる人の両方が存在するのが世の中です。

8割という多くの人が「結婚は幸せである」と感じていますが、必ずしも幸せになれると断言はできない難しい命題でもあります。

もちろん、結婚しないで独身でいるという選択肢もあります。

アンケート結果でもあったように、約2割は結婚を経験してもなお、結婚しない方が幸福であると感じているのです。

では実際、独身の場合はどのように幸せなのでしょうか?

 

 

結婚しなくても幸せ?独身でも幸せな女性はたくさんいる

結婚していないことで焦る気持ちが出てきたり、もしかして自分は不幸なのかもしれないと考えてしまったりしますよね。

しかし、結婚が必ずしも「幸せ」であるとは断言できないのではないでしょうか?

独身でいることで、次のような多くのメリットがあります。

・お金や時間を自分のために使える

・仕事に集中できる

・誰かに合わせてスケジュールを決める必要がない

・行きたい場所に自由に行ける

・親戚付き合いがない

独身女性は自分と向き合う時間が多いため、趣味や仕事など自分が熱中できることに時間を注げるので、充実した日々を送ることができるのです。

それゆえ、結婚しなくても幸せな女性は多くいるのです。

逆に、結婚してそのような自由を奪われた場合に、独身時代の方が幸福度は高かったと感じてしまう方もいることでしょう。

 

独身ならではのメリットはたくさんあり、結婚しない方が幸せである人も多く存在します。

既婚・独身でそれぞれ背負うもの・得るものが異なります。

あなたがどちらを選ぶのか、どちらに魅力を感じ、どちらの方が幸せだと感じるかが重要であり、他の人の尺度で測るべきではないのです。

 

 

幸せな結婚をするためには

 

独身のメリットを挙げましたが、やはり自分は結婚するのが向いている、もしくは結婚した方が自分にとっての幸福度は上がると考えるのであれば、結婚に向けて前向きに取り組んで行きましょう。

幸せな結婚をするためには、事前準備は大切です。

相手に関して気になることがあれば調査したり、事前にきちんと話す場を設けて本人・友人・家族に聞いてみたり、モヤモヤを取り払うことはできます。

また、結婚後のシミュレーションもしてみましょう。

相手に対して譲歩できること・できないことを想定しておくことで、何かあった時に備えておくのです。

例えば、浮気が発覚したら即離婚を考えるほど譲歩できないことなのであれば、そのことを共有しておくことで、相手の心構えにもなりますし、結婚の覚悟を強める効果にもなります。

しかし、いくら準備をしたとしても、結婚前は全く何の片鱗も見せずにいた相手の一面が分かることもあるかもしれません。

結婚をしてみないと実際何が起こるかは予測できないものです。

しかし、「揺るがないもの=相手に対する気持ち」があれば、多少のことであれば目を瞑ることができますし、大きな出来事が起きたとしても、相手のことを全面的に嫌いにはなれないものです。

つまり、幸せな結婚をするためには、自分が幸せにしてもらう気持ちと同時に、自分も相手を幸せにするのだという心持ちでいることが重要です。

問題が起きてしまった時は、その後の二人の対応次第なのです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

結婚は幸せか、幸せな結婚をするためにはどうすればよいのか?ということで、

アンケート結果を元に80%もの人が幸せと感じていることが分かり、その理由としてはお互い家族の役割を果たすことで生活を充実させることができたり、好きな相手と一緒に過ごしお互い思いやれることに幸せを感じていることがわかりました。

しかし、結婚が必ずしも幸せとは断言できないということで、独身である場合の幸福についても考えていきました。

何より、自分のために時間を自由に使って充実した生活・趣味・仕事を行うことができるのが大きなメリットですね。

結論、結婚するしないは個人の幸福の尺度にもよるのですが、幸せな結婚をしたいのであれば「事前準備」と「相手幸せにするという心構え」をもって結婚をすることをお勧めします。

結婚をすることで、相手に合わせたり、自分の時間を捧げたりすることが当たり前となりますし、多くの義務・負担が発生します。

また、時間やお金の制約が増えるので行動・金銭的な自由度も下がってしまいます。

しかしこれを逆に考えると、人生をかけて幸せにしたいと思える人と家族になるのだから、無理やり感なく相手に尽くしたり、合わせたりできるようになるのが理想的な結婚です。

時間やお金の制約が出ますが、そこを協力してお互いの負担を軽くしたり、好きなことができる時間を作ってあげたり、協力して生活していくことで、支え合う関係性を構築することが喜びでもあります。

結婚が幸せかどうかは、各個人の考え方や価値観次第なのです。

私も先日友人の結婚式に参加してきましたが、結婚式は感動するものですよね。

いつも新婦側の両親の気持ちに共感して泣いてしまうのですが、あの結婚式の場には少なくとも「幸せな笑顔」と「友人・家族の祝福の気持ち」であふれていることがわかりました。

結婚=幸せが当てはまる人が100%ではないのかもしれませんが、人生における一つの大きなイベントに前向きな気持ちで二人で向かっていけることは素敵なことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*