人間関係に悩む人の特徴と解決方法7選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間関係の悩みって、エンドレスの課題ですよね。

誰しもが多かれ少なかれ持っている悩みといえます。

ある人が、

「人生の悩みの90%は人間関係」だと言っています。

確かに、人は生活する中で誰とも接しないのは難しいですよね。

しかし、その「人」というものに助けられることも、またあるのです。

今回は、人間関係に悩みがちな人の特徴や人間関係の悩み解決法、人間関係の相談方法などできる限り紹介していきますね!

この記事を読んで人間関係の悩みが少しでも楽になったり、これから悩みができても対処できるようになると幸いです!

人間関係の悩みは一生続く?対人関係に悩みがちな人の特徴と解決法7選!

人間関係の悩みが続くと、「このまま一生悩み続けるのか…?」と不安になりますよね。

でも、人間関係の悩みの対処法をしっておけば大丈夫です!

学生、社会人、結婚など自分の人生の転機により、人間関係も変わっていきます。

良い風に考えれば、その転機ごとにその当時の悩みは解消できるとも言えますね。

今、私は転機を3つほど越えてきていますが、今思うと過去の人間関係の悩みがちっぽけに感じます。

今が一番大変・・・・といつも人は「置かれている今」が大変だと思うのが常です。

そしてその都度に悩みも姿を変えます。

例えば、学生の時は〇〇さんがイヤだという特定の人がイヤな人間関係、

社会人になり、上司というものが苦手だというイヤな人間関係、

結婚すると相手は嫌じゃないけど自己嫌悪に陥るというイヤな人間関係というように、

ある意味で一生続いていきます。

でも、落ち込まないで大丈夫!

私自身、人間関係について考える事はあっても、悩むことはなくなりました!

それには、対処法がありましたので、ご紹介しますね!

まず「人間関係に悩みがちな人の特徴」をお伝えします。

 

①引っ込み思案

人と話すことや交流することが苦手で消極的な人。

②警戒心が強い

人を疑ってしまう傾向が強い人。

③他人の評価が気になる

どう思われているかとても人の目や評価が気になる人。

④価値観が人と違うことが多い

特別な趣味があったり、多数派じゃない意見をもちがちな人。

⑤自己中心的でマイペースな性格

人に合わせるのが苦手で、ひとり行動で自分のペースで何事もしたい人。

⑥真面目

なんでも常識などに捉われて、真面目に考えてしまう人。

⑦繊細

傷つきやすく、人の言葉をつい悪いほうに考えてしまったりする人。

 

以上が人間関係に悩みがちな人の特徴としてあげられます。

いかがでしょうか?いくつか当てはまりましたでしょうか?

正直、私は半分以上当てはまります(笑)

たくさん当てはまったとしても、安心してください、それに対する対策を次で説明してみますね!

 

①引っ込み思案な人

人と話すことや、交流が苦手なのを無理する必要はありません。

ただ、大勢でなく、1対1のお付き合いをしてみましょう。

そうしたら話やすいですよ。

そこから2人、3人という風に増やしていく意識をしていくと良いですね。

②警戒心の強い人

自分を「警戒心が強い」と自覚している人は、同時に「人を疑う自分は良くない」と、自分を責めてしまっているケースが多いです。

ですが、ひとつ覚えておいて欲しいのは、「無理に相手を信用しなくても良い」ということ。

自分が信じられる人や家族がいれば、たくさんの人を信じる必要はないのです。

必要以上に、たくさんの人に「打ち解けよう」と思わなくても大丈夫ですよ。

③他人の評価が気になる

これは私もほんとそうです。

ただ、私が思っているほど、「他の人は私のことを考えていない」ということです。

実際に、自分もそこまでその他人のことを考えているでしょうか?

人にどう思われようが良い!とまでは強くなれないけど、そこまで気にする必要もないんですよ^^

④価値観が違う人が多い

これには二つの策があります。

一つは価値観の合う人を探すことです。

必ずいますよ、同じ趣味の人!

現代はネットがあるので、とても探しやすいです。

もうひとつは、価値観とは「みんな違うのが手当たり前」だと思うことです。

ですので、いろんな価値観があることを認める、そして認めてもらい、それをお互い楽しめたらいい関係になりますよ。

⑤自己中心的なマイペース

このタイプの人は、必ず「一週間に○日はひとりの時間を作る!」ということを決めておきましょう。

そうして自分の中でルールを作り、一人を満喫していれば、その他の日の人間関係も不思議とスムーズになりますよ。

⑥真面目

真面目はとてもいいことですよね!

でも、本人は真面目過ぎて気に病んでしまう。

これも「いろんな人がいる」と認めてしまうことです。

自分にも人にも、良いところも悪いところもあるのです。

そうして他人に対して寛容になれると、人との距離が縮まりますよ。

⑦繊細

これも前述のように、相手はそこまで、あなたのことを考えて傷つけようとはしていないものです。

もし、何気ない一言に傷ついたなら、本人に言うと意外と受け入れられます。

いつも傷つけられるなら、その人からは離れましょう。

 

このように、人間関係が苦手な人の特徴と対処法を説明しましたが、

次は、視点を変えて人間関係の悩みの解決法と、ケース別の悩み解決法を紹介してみます。

 

 

人間関係の悩み解決法!ケース別もご紹介

人間関係の悩みがあると毎日が憂鬱になってしまいますよね。

少しでもその気持ちを緩和させられるように、

人間関係関係の悩みをいくつかの解決法と、心の持ち方を紹介していきます!

 

①イヤな人間関係のある場所以外を充実させていくこと

嫌な人間関係はとりあえず置いておいて、それを発散できる場所を他にもちましょう。

趣味の時間でも、他の気の合う人間との集まりの時間でもOKです。

その時間を確保しておき、そこで気持ちをリセットする習慣をつくるととても効果的です。

 

②イヤな人間関係から離れてしまうこと

極端にいうと、イヤだと思う人間と一緒にいる必要はないのです。

本当に極度に気持ちが病んでしまうくらいイヤなのであれば、可能であればその人間関係から離れましょう。

 

③修行だと思って自己鍛錬すること

人は自分の鏡なんですよね。

人がやっている嫌なことは、自分が嫌いなことで相手は何とも思っていないかも。

逆に、自分が気づかないところで相手をイヤな気持ちにしていることもあるかもしれませんよね。

人は人といることで人として成長できると言われています。

自己成長ととらえて、人間関係を見つめて向き合っていくことで、人に強い自分になれます。

 

④職場の人間関係~まずは相談を

職場の人間関係がイヤなのは辛いですよね。

上司や同僚など話しやすい人に、相談してみましょう。

それでもどうしても自分が辛いなら、部署異動や転職も視野にいれましょう。

自分の心が病んでしまう前に、対処はしておいたほうが良いです。

 

⑤学校の人間関係~視野を広く持とう

学校も毎日のことなので、辛いですよね・・。

まずは、親、兄弟、近しい人に相談しましょう。

心配かけると思ってしまうかもしれませんが、大丈夫。

親は、あなたより長年生きてきて、いろんな経験をしています。

話を聞きくと、意外な解決法や改善策を教えてくれることも。

学生時代は、視野を広く持つことが大切です。

毎日が学校と家の往復となることが大半なので、どうしても、学校=世界の全て、となりがちです。

でも、世界って広いんです。本当に。

今いるそこだけがすべてではありません。

だから、悩みすぎずに、まずは自分より色んな世界で生きていた人に話してみましょう!

 

人間関係の悩みをケース別解決法をお伝えしましたが、いざ誰かに相談しようとしたところで、どうやって相談したらよいのでしょうか。

相談の仕方が難しいなという方に、気軽な相談方法をお伝えしますね!

 

 

人間関係の悩み相談方法とは

人間関係の悩みを相談するときは、まずその対象の人の名前は伝えないで、こういうことが起きていて、こう感じている、というところを伝えましょう。

名前を聞かれても、まずは伏せさせてもらい、学校なら転校、仕事なら転職、という大事になってくるときには伝えたほうがよいです。

もし、自分の周囲などに人間関係で悩んでいることを知られたくないのであったり、近しい人に相談をするのが億劫な人は、少し距離感のある相談窓口がおすすめです。

例えば

①公共の相談TEL窓口

厚生労働省や地方の市役所にも相談窓口があります。公的機関なので安心できる面もありますね。

②メールやラインでの相談

メールやライン、チャットで相談にのってくれる窓口もありますよ!

匿名でもOKなところも多いので安心です。気軽に相談しやすい場です。

無料のサイトがほとんどなので、調べてみてくださいね。

③相談掲示板

この相談掲示板は増加していますよ、たくさんの掲示板があります。

愚痴だけを言える場、解決方法のアドバイスが受けられる場など様々。

一度覗いてみると安心できるかも!

④相談アプリ

Pococha,Tendy,お悩み相談コミュニティなどアプリがあります。

そこも登録数が多いので、みなさん気軽に相談しているのだと見えます。

誰にもいわないで抱えこんでしまうことは、一番自分を追い詰めてしまうので、できるだけ人に話しましょう。

自分が思い悩んでいることを「ただ話す」だけでも、随分と気が楽になるものですよ。

 

 

まとめ

真面目な人や繊細な人が人間関係に悩みやすいという特徴がありました。

その特徴により、発散場を作る、イヤだと思っている人間関係から離れるなど、

その特徴により対処法がありますので、対応してみましょう。

そして、できることならなるべく早い段階で相談できたらよいですね。

でも近しい人や周りの人に悟られたくない場合は、ネットの掲示板やアプリなど頼ってみるとよいでしょう。

そこには思っている以上に気軽にみなさん相談していますよ!

人やどこかの機関で話をできる人にできるだけ早く相談をして、

自分の心の健康を保ちましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*