職場の人間関係が辛いあなたへ、対処方法をお伝えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今の職場に居場所がない気がする。」

そんな不安を持っている人は、決して少なくありません。

人間関係がうまくいかないと、仕事そのものまで嫌になってしまうことだってあります。

「この状況から抜け出したい」と思うのは何もおかしくありません。

この記事では、職場での人間関係に悩むあなたに、疲れた時の対処法や、職場で疎外感を感じてしまう時の対応方法、さらには人間関係で退職することについての考え方をご紹介していきます。

この記事を読めば、きっと明日から仕事に向かうことが楽になると思いますよ^^

職場の人間関係に疲れた時は

仕事をするということは、ただでさえ神経を使うものです。

ところが、そこに加えて人間関係の良し悪しにより、さらに疲れてしまうこともあります。

誰でも好き好んで嫌われたいとは思いませんから、あなたも職場では常に気を使って過ごしているのではないでしょうか?

でも、それってとても疲れることですよね。

しかも、疲れているという自覚があっても、こういったタイプの人は真面目な人が多いもの。

どう疲れを癒せばいいのか、これが分からない場合があります。

職場という場所における人間関係の疲れは、どう解決すればいいのか?

シンプル イズ ベストと言いますが、まさにその答えは単純です。

ずばり、気にしすぎないこと!

気を使うこと自体は、決して悪いことではありません。

むしろ、それはあなたの優しさであり、長所でもあります。

それでも、せっかくの長所を自分で短所にしてしまうのが、気を使いすぎることです。

「そもそもこれは仕事だし」

真面目なあなたにとっては、こんな考え方はもしかしたら怖いかもしれません。

ですが、考えてみてください。

職場での人間関係は、職場だけのものです。

それがあなたの人間関係の全部ではありません。

「職場の人の顔色を窺ってばかりいても疲れるだけ!」

思い切って、職場では気遣い屋さんな自分とサヨナラしちゃいましょう!

スッパリ割り切ること。

サッパリ切り捨てること。

これが大切です。

あなたが思うよりずっと気を使っているからこそ、疲れてしまうのです。

「気にしないようにしたら、職場の人に嫌われちゃうかも……」

こんな心配も、しなくて大丈夫!

スッパリ、サッパリ割り切ってみたところで、あなたの優しさも気配り屋さんな面も、失われることはありません。

むしろ「これでちょうどよくなるな!」くらいに思いましょう。

職場の人間関係で疲れてしまった時には、とにかくスッキリする環境を自分で整えることが大切です。

 

でも、それを実際にやってみようとすると難しかったり、怖かったりもしますよね。

実際、職場では周りの人との疎外感を感じていると悩む人も多いのではないでしょうか?

そんな時には、どうすればいいんでしょうか?

次に、そんな場合の具体的な対処法をアドバイスしていきます。

 

 

職場の人間関係で疎外感を感じたら

そもそも職場で「なんかうまくいかないな……」と感じているからこそ、あなたは疲れてしまっているわけですよね。

疎外感とは怖いもので、「自分一人だけがおかしいから、こんなことになるのかな?」なんて思ってしまうこともあります。

そんな怖い感情は、もちろん持ちたくないですよね?

それでは、具体的にはどうすれば、疎外感という名の悪魔をやっつけることができるのでしょうか?

ここでは、2つの方法をご紹介したいと思います。

 

①孤立していると感じる原因がどこにあるのか考える

孤立してしまっている、と感じてつらくなったら、その原因を突き止めてみましょう。

一緒に働く人に原因がある場合もあれば、あなたに原因がある場合もあるかもしれません。

自分の職場での行動を振り返ってみましょう。

頭の中だけだとまとまりにくいので、紙に書き出すといいですね。

気が許せる人がいれば、その人に思い切って相談してみるのも手です。

客観的に見てもらうことで、どこに原因があるのか分かりやすくなるでしょう。

 

②心の持ちようを変えてみる

孤立=怖い、ではなく、

「一人の時間が人より多いから、その分だけしっかり仕事に集中できる!」

思い切って、こんな風に考えてみてはいかがでしょうか?

先ほどもお伝えしたとおり、そもそも職場とは仕事をする場所です。

もちろん、仕事は人間関係あってのものですが、人間関係に悩み過ぎて仕事に支障が出れば元も子もありません。

そんな時は、少しの期間でもよいので、孤立していることをプラスに捉え、仕事に没頭してみましょう!

これがうまくいけば、逆にあなたの仕事ぶりが評価されることにも繋がる可能性があります。

すると不思議なことに、あなたを見る周りの目も変わり、人間関係も改善することがありますよ。

 

いかがでしたでしょうか?

職場に限らず、人間関係というのは自分が少しいつもと違う行動・考え方をすることで、大きく変わることがあります。

ぜひ、上記の方法を試してみてくださいね。

しかし、「対処法を試してみても、やっぱりうまくいかない・・・」という場合は、「転職」という選択肢が頭に浮かぶこともあるかもしれません。

でもその時、転職に対する不安要素も一緒に出てきませんか?

そこで、職場での人間関係を理由に転職するのは、どうなのか?

実際に悩む人達から出るこの質問について、最後にお伝えしていきたいと思います。

 

 

職場の人間関係が辛いので辞める!は甘え?後悔する?

「どの方法もダメだった。」

「やっぱりどうしても辛い。」

そうなった時に考えるのが、やはり転職ですよね。

でも、これまで働いてきた会社を辞めることは勇気が必要です。

それに「そもそも転職って、嫌だからって逃げる甘えかな?」なんて思ったりもするんじゃないでしょうか?

だからこそ、ハッキリお伝えしておきます。

転職は甘えではありません!

確かに、世の中ただ「嫌だから」では通用しないこともあります。

でも、体調を崩してしまったり、精神的に病んでしまうほどに辛い状況にあるのなら、転職を視野に入れたっていいんです。

だって、体も心も本調子でない職場では、あなたのパフォーマンスにも影響が出てしまうかもしれないですよね。

これは、甘えでも逃げでもありません。

ただ注意しておきたいのは「どうしてこの職場でうまくいかないのか」を分析して、自分で理解しておくこと。

今後、同じことを繰り返さないためにも、それはしっかり理解してから行動に移しましょう。

これを自分一人でするのはちょっと難しいかもしれないので、キャリアアドバイザーというプロに相談するといいでしょう。

もしかすると、それを分析する過程で、今の職場でもう一度がんばってみよう!と思えることもあるかもしれません。

転職は、大きな決断です。

まずは現状をしっかり理解し、自分がどうしたいのかをよく考えて、行動に移していきたいですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、職場での人間関係がつらい時、というテーマでお伝えしてきました。

職場での人間関係がつらい時は、その人間関係が全てではないことを思い出し、あまり気にしすぎないことが大切です。

真面目な人には怖いことかもしれませんが、割り切ることで解決することもあります。

また、疎外感を感じているのなら、その理由を分析したり、逆にチャンスと捉えて目の前の仕事に没頭してみる、というのも手段でしたね。

それでもどうしてもつらい時には、転職したっていいのです。

あなたにとって何が最善か?現状をしっかり把握して、自分が一番幸せになれる選択ができますように、心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*