恋愛に疲れた時の対処法7選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛とは、人を好きになることで心が豊かになったり、人生をより楽しく過ごせるようになったりするものです。

好きな人と一緒に過ごす時間は、とても早く過ぎていきますよね。

しかし、時間が経ち状況が変わると、恋愛の楽しさを忘れて苦痛にすら感じてしまう「恋愛疲れ」に突入してしまうこともあります。

相手のことが嫌いになったわけではなくても、自分の中で何かが変わり、そのような気持ちになってしまうのです。

周りの人が順調に恋愛を楽しんでいる様子を見ると、不安や戸惑いを感じてしまいますよね…

しかし人によって恋愛の形は様々ですし、周りに合わせる必要は無いのです。

ここでは、いわゆる「恋愛疲れ」について、シチュエーション別に対処法をご紹介します!
「恋愛疲れ」を解消し、ストレスフリーになりましょう!

①まずは、疲れるのはよくあることだと認識しよう

恋愛に疲れてしまった時、自分だけが恋愛に向いていないのかも…

と思ってしまいがちですが、実際は世間の多くの男女が「恋愛疲れ」を経験しているのです。

既にカップルの場合は、喧嘩や相手に対して持つ不満などがきっかけとなり、恋愛に疲れてしまうことがあります。

お互い異なる生活環境で育ってきた者同士、ぶつかり合うことがあって当たり前です。

恋活・婚活中の場合は、頑張っているがゆえに、重い通りにいかなかったり失恋したりすることで、精神的に大きなダメージを受けてしまいますよね。

初めからうまくいくとわかっている恋愛なんて無いのですから、

多くの人が同じように恋愛特有のもどかしさやドキドキを感じながら、恋活・婚活をしているのです。

あなただけでなく、多くの男女が同じような気持ちを抱いています。

もっと肩の力を抜いて大丈夫。

恋愛は自分のペースで楽しむのが一番です!

 


②交際中の相手に合わせていて疲れた時

好きな人とは、いつも仲良くしていたいものです。

相手に対する不満がある場合、伝えることで空気が悪くなったり、ケンカになったりしないようにと、我慢して自分の中に抱え込んでしまっていませんか?

現在のあなたは、無理をして爆発寸前の状態と言えます。

方法としては、相手にあなたの気持ちをシェアすることが必要です。

2人で話をするための時間を確保し、勇気を出して自分の今の気持ちを正直に話してみましょう。

直接は無理という場合は、言葉を選べば文面でも問題ありません。

あなたが相手と向き合いたいという姿勢を見せることができれば、きちんと聞き入れてくれることでしょう。

また、二人で解決する方法が見いだせるかもしれません。

 

③仕事に集中したい時

仕事と恋愛を両立するのは簡単なことではありません。
特に仕事に最も注力したい時期は、恋愛に割く時間が確保できないことも多々ありますよね。


例えば、相手とデートしたり、コミュニケーションをとったりする時間が確保できないことで喧嘩した場合。

それを解決するために、話し合う時間がもったいないと感じたりする場合は、かなり恋愛に疲れている状態でしょう。

あなたは現在、恋愛よりも仕事を優先したいと思うけれども、お付き合いしている相手の立場もないがしろにできないため、そのジレンマに悩んでいるのではないでしょうか。

相手によっては、当然仕事より自分を大切にしてくれると思っている場合があります。

そのような場合に、自分の状況だけを押し付けるのではなく、理解を求める形で話を聞いてもらう必要があります。

仕事が落ち着いたらまた恋愛したいのか、今は恋愛自体をする気持ちになれないので、その時にならないとわからないのか…。


相手に納得してもらうには、正直に話しましょう。
相手のことが好きではなくなったわけでは無いにしても、好きな相手から急に別れを告げられる側の気持ちをきちんとくみ取り、思いやりのある言葉を心掛けましょう。

 

④遠恋中で疲れた時

遠距離恋愛の場合、物理的な距離があることに加え、連絡頻度が少なくなったりすることで、精神的な距離も大きくなっていく場合があります。

周りのカップルの状況と比較して、どうしてこんなに寂しい思いや、

不安な気持ちを持ち続けないといけないのかと思いますよね。

また、会うための交通手段や宿泊費など、お金の面でも損をしているような気持ちになります。

このような状況に疲れてしまった場合、相手も同じことを感じている可能性があります。

お互いの気持ちを知ることで楽になることもありますし、一度自分たちの遠距離恋愛について話をしてみましょう。

遠距離恋愛が期限付きであったり、二人なりのゴール設定があったりすると、それまでの辛抱だと思って共通の目標を持ちながら、支え合うことができます。

 

⑤失恋でショックを受けた時

長年好きだった人に振られた、好きな人ができるたびに振られる等、失恋もいろいろあります。

片思いの時期はもどかしさの中にも楽しさがあるので、幸せを感じることが多いですよね。

しかし、一度その気持ちを失ってしまうと、再度頑張ろう、好きな人を作りなおそう、という前向きな気持ちになるには少し時間がかかります。

相手のことを忘れて、再び元気を取り戻すまで恋愛はしばしお休みして、友人と過ごしたり、自分ひとりの時間を堪能することをお勧めします。

そうすることで気持ちのリフレッシュができ、自然と、また恋愛がしたい!

と思えるようになります。

恋愛だけではなく、人生には他にも楽しいことがたくさんあるのですから。

 

⑥婚活に疲れた時

婚活をしようと頑張っていても、なかなか良い人に巡り合えず、いつになったら終わるのか…と絶望していませんか?

良い縁に恵まれて自然に出会い、結婚できる流れになるのが一番早いですが、思い通りにはいかないものですよね。

そんな時は、疲れた!と思うまで頑張った自分をまずは褒めてあげましょう。

そして、恋活・婚活に割く時間を減らしたり、一時休止してみましょう。

また自然と活動してみようかと思えるようになったら、再開すれば良いのです。

恋活や婚活というのは不思議なもので、必死に相手を探している時は、巡り合わなかったりするものです。

「もういいや」と諦めたり、「ちょっとペースダウンしよう」とか、考え方を変えた時に縁が巡ってきたりするのです。

あなたの必死さや余裕の無さは、どうしても異性に伝わってしまいます。

気持ちの中に「ゆとり」が生まれることで、不思議と出会いも増えたり上手くいったりするものですよ。

 

⑦好きという感情すら分からなくなった、何もする気が起きない時

好きな人ができて振り向いてもらうための努力をしたり、その気持ちを打ち明けたとしても、必ずうまくいくとは限りませんよね。

好きな人に好きになってもらえないと、自分はダメなんだ…と、絶望的な気持ちになってしまいます。

また、その経験が増えれば増えるほど、努力すればするほど、ダメージは大きくなりますよね。

その結果、自分の恋愛に対して投げやりな気分になり、何もしたくない気持ちになるのです。

そんなときは、何もしなくていいのです。

恋愛を必ずしなければいけない!というルールは存在しません。

むしろ恋愛から離れてみて、

自然に恋愛を再開したいと思えるようになったら再開すればよいのです。

元々人を好きになれるあなたなのですから、

一休みした後はきっと前向きな気持ちが戻ってくることでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

「恋愛疲れ」は多くの人が経験しており、その理由やシチュエーションも様々です。

ここまで、「恋愛疲れ」を解消するためのシチュエーション別の対処法をご紹介してきました。

恋愛に疲れてしまったときの対処法についてポイントを整理します。

*相手がいる場合

相手の気持ちを汲んだ上できちんと伝える

目標設定をして2人の共通認識を持つ

*その他の場合

 恋愛を一時的に休むことで心に「ゆとり」を持つ

恋愛はする・しないを含めて、様々な形があります。

自分にとってストレスフリーなペースとやり方で、楽しく充実した日々を過ごしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*