コミュニケーションが苦手な人の克服法5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コミュニケーションが苦手……」

こんな悩みを持っている人は、意外とたくさんいたりします。

あなたもその中の一人なら、ぜひこの記事をチェック!

コミュニケーションが苦手な人が持っている、あるある特徴。

そして、その原因。

これを解説していきます。

克服法はもちろん、バイト先や職場、恋愛などのケース別対処法もご紹介しますよ!

これであなたも、コミュ強の仲間入りができるかも!?

コミュニケーションが苦手な人の特徴と原因

コミュニケーション=自分の考えや今感じていること、思っていることを相手に伝える手段です。

意思疎通という言い方もできますね。

これが苦手な人って、別に珍しくはないですし、恥ずかしいことでもありません。

これを書いている私も、実は人見知りだったりします……。

でも、コミュニケーションが苦手という人の中には、いわゆる「コミュ障」な自分が嫌だという人もいるでしょう。

特に、コミュ障とは真逆の存在である「コミュ強」が身近にいる場合。

そのコンプレックスは、余計に膨れ上がってしまうかもしれませんね……。

ですが、この記事を読んでいるあなたは、「苦手なコミュニケーションをどうにか上手にこなしたい!」と思っているはず。

これだけでも、ものすごく前向きで素敵なことです。

ただ、いきなり「コミュ強になる!」と思っても、何をすればいいのか分かりませんよね。

コミュ強になるためには、まず原因を知ることです。

原因が分かれば、「これだ!」という克服法に辿り着けます。

コミュ障卒業の第一歩として、ここではコミュニケーションが苦手な人の特徴と原因をご紹介していきますね。

 

①話すことに対して緊張してしまう

あなたがコミュニケーションを苦手とするのは、自分に自信を持てないからかもしれません。

「ちゃんとしゃべることができるかな?」

「これを話したいけど、いいのかな?」

こんな風に、言葉にする前から先のことを考えてしまう。

とても慎重な性格をしているとも言えるでしょう。

 

②話すことそのものが苦手

普段から、自分発信で何か自己主張をすることが苦手。

こんなタイプの人も、コミュニケーションが苦手です。

話したい気持ちはあっても、「何を話したらいいのか分からない……」というのが原因かもしれません。

 

③とにかく心配してしまう

コミュニケーションが苦手な人は、とにかくなんでも心配しがち……という人も多いです。

「嫌われるかもしれない……」

「引かれるかもしれない……」

「自分の話なんてつまらないって思われて、空気を悪くしちゃうかも……」

こんな風に思ったりしていませんか?

そもそも自分に自信がなかったり、話の面白さに自信がなかったりすると、「黙ってた方がまだマシ!」なんて思っちゃうんですよね。

①のように慎重タイプでありながら、怖がり屋さんとも言えます。

 

④人との距離感が分からない

人との距離感に迷ってしまうタイプの人も、コミュニケーションが苦手です。

「嫌いなヤツに話しかけられたくないだろうし……」

誰かに対して、こんな風に思うことはありませんか?

「別に嫌いだって言われたわけじゃないけど、なんとなく嫌われてる気がする……」

そう思うことは?

つまり、あなたが相手とのコミュニケーションを苦手に思う原因。

それは、「そもそも相手から嫌われている=どう接すればいいのか分からない」という意識かもしれません。

コミュニケーションが苦手な人が、意識せず持っている特徴。

そして、その原因について解説しました。

 

「それは分かったけど……じゃあどうすればいいの?」

ぶっちゃけ、これが本題ですよね。

ここでは、あなたが苦手に思っているコミュニケーションを上手にこなす方法!

これをご紹介していきます!

 

コミュニケーションが苦手な人の克服法5選!

 「今のままではダメだ!変わりたい!」と、あなたは思ってるんですよね。

ここでは、コミュニケーションに対する苦手意識を、パパッと捨ててしまえる克服法!

これをご紹介していきます!

 

①まずは相手の話をじっくり聞こう

「自分が話さなくちゃ!」という意識を、一度そっと隅に寄せちゃいましょう。

どうしてか?

それは、話し上手な人は聞き上手だからです!

コミュ強な人を見ていると分かることなんですが……コミュ強は、話すことはもちろん得意です。

でも、それ以上に聞き上手な人が目立ちます。

聞き上手=話題を拾うのが上手ということなので、聞いた話に自分の話をプラスして盛り上げたりするのが、とても上手なんですね。

「そんなトークスキルがあったら苦労しない……」

そう思いましたか?

そうですね、いきなりは無理です。

でも、相手の話をじっくり聞く!

これだけなら、できそうだと思いませんか?

話す側からすれば、じっくり聞いてくれる相手はとても大切な存在です。

聞き上手のおかげで気分良く話すことができるので、大切どころかありがたがられるくらいに。

自分から発信することが苦手なら、まずは聞き上手を目指してみるのはどうでしょう?

 

②困ったら質問!

「ここからどうやって話を盛り上げていけばいいんだ!」

会話中、こんなことを思ったりしませんか?

「ここだ!」というタイミングで頷いてみる。

とりあえず、「そうなんだ~」と同調してみる。

これもダメというわけじゃないんですが、この2つでは会話を盛り上げることはできません。

じゃあ、どうすればいいのか?

たとえば、話題のゲームの話をしていたとします。

あなたは、どうやってその会話の輪に加わろうと思いますか?

思いつきましたか?

なかなか難しいですよね。

そんな時に使えるのが、質問です。

この場合だと、「それってどういうゲームなの?あんまり詳しくないから教えて!」みたいな感じで。

そうすると、これを話題にしていた人たちも興味がある話なので、「いいよ!」と輪に入れてくれるでしょう。

そして、教えてくれる内容をじっくり聞きます。

①でご紹介したように、聞き上手はコミュ強スキルの一つです!

じっくり話を聞いた後は、「へー、そういうゲームなんだ。面白そうだね!教えてよ~」と、さらに質問を重ねましょう!

そうすれば、話が途切れることはありません。

困ったら質問!

これで、会話を中途半端に途切れさせてしまうのを避けられるでしょう。

 

③ちゃんと整理してから話そう

緊張してしまうと、頭の中がちょっとしたパニック状態になったりしませんか?

そうなると、話したいことはうまくまとまらないし、自分がイメージしたこととは違った内容を話してしまったり……。

それは、あなたが真っ白な頭でトーク内容を考えていることが原因。

つまり、ちゃんと整理できてないんです。

そうすると、ついつい話す前に付けてしまう言葉が……。

それが、「え~と」とか、「あ~」です。

心当たりがあったりしませんか?

この「え~と」や「あ~」は、聞いてる側からするとNGワード!

どうしてかというと、それに気を取られてしまって、肝心のあなたの話が入ってこなくなっちゃうからです。

ですから、まず話し出す前に「自分はこれを話したい!」という内容をハッキリさせる。

「イメージ通りに伝えるためには、どう話せばいいかな?」

これをある程度、組み立ておくのが混乱しない方法です!

初めは難しく感じるかもしれません。

でもこれは、ぶっちゃけ慣れです。

私もつい、「えっとね」なんて言い出しから話し始めてしまうことがあります……。

でも、自分が何を話したいのか?

これをハッキリさせよう!という意識を持つようになってから、かなりマシになりました!

人見知りする私でもできたんです。

あなたも練習すればできるようになりますよ!

 

④声のトーン、しゃべりのスピードを意識する

声のトーン(低い、高い)も大切です。

楽しい話なのに暗い感じで話されたら、聞いてる方の気分だって明るくはなりません。

なので、楽しい話題なら声をピョンッ!と弾ませて。

真面目な話だったら、真剣みがあるちょっと低めの声で。

これを意識すると、話に対する印象が変わります。

あなたのトークを聞いている相手も、あなたの声の調子で共感することができるんです。

次に大切なのは、しゃべるスピード。

そもそも早口すぎると、何を言ってるのか聞き取れない。

もしくは、話の内容もそのスピードに乗って、スル~ッと流れちゃいます。

テンションが上がって、ダーッとしゃべりたくなる時もありますよね。

それは私も分かります。

でも、コミュニケーションが苦手な人こそ、しゃべりのスピードを意識することが大事!

相手に自分の話や感情を伝える。

そのための会話ですからね。

口をしっかり動かすようにすると、自然としゃべりのスピードも落ち着きますよ。

 

⑤最後には笑顔!

なんと言っても、最後には笑顔!

緊張は表情に表れます。

そうすると、あなたのその緊張が相手にも伝わって……。

「あれ?もしかして、自分との会話はつまんないと思ってる?」と思われてしまいます。

「あなたと仲良くしたいと思ってるよ」

「あなたとの会話が好きだよ」

このサインになるのが笑顔!

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが……お風呂など、誰も見ていないところでいいので、顔をギュ~ッと寄せたり、逆に大きく開いたりしましょう!

そうやって顔の筋肉を動かすことに慣れていくと、表情も変えやすくなりますよ。

 

いかがでしたでしょうか?

ここまでは、「コミュニケーションが苦手!どうすればいいんだろう?」

という悩みを克服する方法をご紹介してきました。

ここまでの基本を押さえたら、次はもっと具体的なケース別の対処法に入っていきましょう!

バイトや職場、恋愛、結婚など・・・。

あなたが実際に悩んでいる内容を、しっかりチェックしてみてくださいね!

 

 

コミュニケーション能力が低いと感じたら~ケース別の対処法!

ここで解説していくのは、ケース別の対処法です。

「自分の悩みを解決する、もっと具体的な方法が知りたい!」

そんなあなた!

これは要チェックですよ!

 

①バイトや仕事先で、同僚や上司部下とうまくいかない

バイトにしろ仕事にしろ、一緒に働く人とのコミュニケーションがうまくいかないと、結構大変だったりしますよね……。

人見知りな私も、それで苦労したことがあります……。

でも、苦手だからって避けられるものでもないんですよね。

そんなあなたにはコレ。

「聞き役に集中すること!」

バイト先や仕事場での会話のメインは、やっぱり業務内容のはず。

なので、無理に話をしようとする前に、相手の話をしっかり聞くことを意識しましょう。

途中で割り込んだり、中途半端な返事をするのはNG!

相手の話をしっかり聞いていれば、仕事だってスムーズに進みますよね。

まずは聞く。

これを徹底しましょう。

 

②恋愛がうまくいかない

ズバリ、相手の話にきちんとリアクションを取ること!

これが対処法です。

コミュ強は聞き上手。

そう言いましたよね?

聞き上手な人は、相手が楽しく話せるような雰囲気を作り出すことができる人です。

「それってどうやるの?」と思いましたか?

答えはものすごくシンプル!

相手の言葉に対して、「そうなんだ!」とビックリしてみせたり、「へえ~。え、じゃあこれはどうなの?」と質問してみたり……。

とにかく、何かしらの反応を返すことが大切です。

そうすれば、「あ、この人は自分に興味を持ってくれてるんだな」と相手に伝わります。

あなただって、一生懸命話しているのに「ふーん」なんてテキトーな返事をされたら、萎えますよね。

それは他の人も同じです。

相手に好意を伝えるには、まずは「あなたに興味があります!」というのを見せなければいけません。

その方法がリアクション!

「気になる人との距離を縮めたい……」

そんな時は、これが一番簡単で効果アリの対処法です!

「いや、そもそも話しかけれないんだよ……」という、

そんなあなたにオススメしたい対処法は、共通の話題を用意しておくこと!

誰でも、まったく興味ゼロの話をされればつまらないし、ちんぷんかんぷんです。

だからこそ、相手がノッてこれる話題。

これを用意しておきましょう。

そうすると、「あ、この人となら話せる!」と、あなたと話をしてみようという気持ちになってもらえます。

 

③結婚できるか自信がない

結婚となると、大切なのって相手との相性ですよね。

相手に合わせて我慢ばかりしていては、ストレスが溜まります。

その結果、ある日突然、大噴火!

……なんてことになっちゃったら大変です。

逆に、相手に対して「自分に合わせて!」と押しつけるのもダメなことは分かりますよね?

「それじゃあどうすればいいの?」

この答えは、思いやりを持つことです。

コミュニケーションの前に、まずは相手を尊重するという意識が何より大切!

思いやりを持って接するようにすれば、自然と相手の感情も「こうだろうな」とイメージできるようになってきます。

コミュニケーションはそこから始まるんです。

「自分は結婚できるのかな?」と不安な人や出会い自体がない人は、出会いを求めて婚活したりしますよね。

それでも、コミュニケーションが苦手だからこそ、「結婚できるの?」という不安に悩まされてしまう……。

そんな時こそ、出会った人に対する思いやりを意識しましょう。

コミュニケーションが苦手でも、あなたのその優しさはきちんと相手に伝わります。

歩み寄りはそこから始まる。

これを忘れないでくださいね。

 

まとめ

コミュニケーションが苦手だと、大変な思いをしてしまうシーンって結構多いですよね。

人見知りする私も、正直「キツイな~」と思うことがあるので、あなたの悩みも分かります……。

でも、話すことが苦手だったり緊張してしまったりしても、それはあなたが真面目で慎重派タイプだからこそ!

嫌われたくないと思って距離感を掴めなかったり、心配になったりするのも、別に悪いことではありません。

でも、まずは聞き上手になれさえすればOK!

困ったら質問!

これは分かってもらえたんじゃないでしょうか?

職場や恋愛面でも使えるテクニックなので、意識していってくださいね。

そして、自分から話したいと思った時には、きちんと整理してから。

相手に伝わりやすいように、感情を乗せるのもポイントでしたよね。

もちろん、最終兵器の笑顔はお忘れなく!

コミュニケーションに不安があっても、相手に対する思いやりの心を忘れずにいれば、それはきちんと伝わります。

婚活パーティーや街コンなどで出会った、初対面の人と接する時もそうです。

思いやりを持って向かい合う姿勢でいれば、相手との歩み寄りもうまくいきますよ。

つい緊張して人見知りしてしまう私も、ここでご紹介したテクニックを使ってみたら、ちょっとマシになってきました。

このままコミュ強を目指したいと思います!

あなたもぜひチャレンジしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*