上司が嫌いすぎてストレス爆発!対処方法6選を教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場の上司が嫌いで、毎日辛い日々を送っている方、いませんか?

せっかく仕事の内容は好きなのに、上司が嫌いだから会社が嫌、

仲間や同僚とはうまくやっていけているけど、上司だけは無理など。

辛いですよね。

仕事って毎日のことだし、時間も長いし、人生の時間で仕事の占める割合、大きいんです。

そんな大事な時間に、嫌いな上司と過ごすのは苦痛ですよね。

今回は、そんな上司嫌いでストレス爆発しそうなあなたに、

上司が嫌いな時の対処法、上司が嫌いだとしてもやってはいけないこと、上司が嫌いで退職してもいい?という悩みの解決法をご紹介していきますね!

Mad formal executive man yelling at camera

上司が嫌いな時の対処法6選

嫌いな上司がいて、もう具体的に行動してどうにかしたい!とまで追い詰められている方。

具体的対処法をお伝えしますね。

その人にとって、やり方として合う、合わないがありますので、

自分ができる方法をとってみてください。

 

①直談判する

これは、上司を嫌いな理由が上司の行動だったり言動が正しくないと思っている時にできることであり、生理的に嫌いなどであればこの直談判は無理です。

それと性格的にすこし強気でないと難しいところもあります。

なぜ直談判が対処法として効果的なのか?

それは、上司本人がその嫌われている内容に気づいていないということが往々にありえるからです。

そして私自身、管理職をしていた時、自分でも気づかず嫌な思いをさせていたことがあり、部下から直談判を受けました。

受けた側として、確かにイラっとは一瞬しました(笑)

でも、この子、すごく勇気を持って言いに来たんだろうな、ということと、

言っていることに納得がいったので、私は謝罪して改善に努めました。

ただし、受け止める事ができない上司もいます。

そうなった場合は次の手にいきましょう。

 

②異動を申し出る

これはもう生理的に嫌い、合わない、さきほどの直談判が通じない場合の手段です。

性格的にも事を大きくしたくない、うまくスルーしたいという人にお勧め。

上司に異動を申し出て、異動理由は「部署の仕事が合わない、他の事にチャレンジしてみたい」などという理由を申し付けます。

あくまでも上司が嫌いだから、という理由は伏せて離れる事はできます。

しかし、今の部署の仕事が好きだったり、自分が離れるより、上司にどこかに異動してほしい、などと思うようであれば次の手ですね。

 

③他の上司に相談する

まずは他の上司に相談をしてみることです。

この時注意してほしいのは、決して文句や告げ口という風に話すのではなく、

自分が困っている内容を話すことです。

文句や告げ口になると、相談した結果、あなた自身の株を下げる事になります。

私も上司として部下からたくさんの相談を受けてきましたが、話し方により部下に対して持つ印象がかなり変わります。

ただのわがままじゃないか?と思うケースもありますし、

こういう考え方をするのであれば、どこの部署にいてもだめだな、と思う時も。

ただ、内容に信ぴょう性があれば、上司として動きます。

その人にやんわり伝える、その上司を異動できるか更なる上長に掛け合うなど。

ですので、相談の仕方は話す内容をしっかり考えてから相談しましょう。

 

以上が具体的な行動編なのですが、

もし、あなたがまだ行動に移すのではなく、嫌いだけどこの上司とやっていく上での対処法を知りたい!という場合は、これからご紹介する方法を見てください。

まずは、社会人として仕事としてきっちりすることはきっちりするということ。

礼儀正しく接する、挨拶をする、報告連絡相談はする。

することはきちんとしておく。

そのうえであなたの心の持ちようとして、以下の方法を試してみましょう。

 

④嫌いな上司を反面教師にする

 自分が上司になった時は、こんな人に絶対ならないぞ!という学びの材料にしてしまいましょう。

つまり、反面教師にする、ということですね。

 

⑤相手の良いところを見つける

今まで嫌いなので悪いところしか見てきていない、ということもありますので、

良いところを探して、良いところを見つけてみる。

意外と悪くない人かも(笑)

 

⑥ゲームととらえて攻略する

良いところ探し、ダメなところ探しや、どういう声掛けをすると喜ぶかなど、

工夫をして攻略していくようなゲームととらえてみる。

遊び感覚を持つということですね。

これができれば、どんな人とでも仲良くなれそう(笑)

でも、なかなか難しい対処法です。

 

他にもう一つ、毎日日記として自分の気持ち、上司に言われたことを書いてみる。

それで別日に冷静に見直して分析してみることも効果的かも!

意外とたいしたことではないなとか、私の接し方も問題あるなとか、

この一言は上司としてひどいわ、等、冷静な分析、対応術がみにつくかもしれません。

 

そして、嫌いな上司とはいえ、はたまた悪いのは上司であると言えども、

今はあなたの上司には変わりないし、上司もひとりの人間です。

嫌いすぎてあなた自身の行動がエスカレートしないようにしなければいけません。

そこで次に、「上司が嫌いでもやってはいけないこと」をお伝えしていきます。

 

 

上司が嫌いすぎる!あなたがやってはいけないこと

上司が嫌いすぎても、やってはいけないことがあります。

やってはいけないことをすると、あなた自身の人間性まで変わってしまいます。

いくら嫌いでもやってはいけない行動を紹介します。

 

①無視すること

挨拶をしない、返事をしないなど無視をすることはやめましょう。

人としてこれはするべきことではないですし、

あなた自身の社会人性が問われてしまいますので、気を付けましょう。

 

②SNSに書き込む

これもNG。吐き出すところがなくて辛いのはわかりますが、

不特定多数のSNSなどに書き込むことはやめましょう。

今社会問題にもなっていますが、中傷になります。

注意しましょうね。

 

③報復、仕事で手を抜く、上司を貶める事

これをしてしまっては、あなたが悩んでいるのではなく、憎んでいるだけ、と取られます。

どうせ見返したいなら、結果を出す見返し方にしましょう。

結果が出ればあなたの会社での信頼度もあがり、

あなたの言動の説得力は増しますので、上司の対処も変わってくるかもしれません。

いくら嫌いな上司でも、自分がされて嫌なことはしない、

そして上司と同じような人に、辛い思いをさせることはしないことです。

そんなことをしてしまうと、あなた自身が上司と同じ人間だ!ということになってしまいますからね。

ここは辛くてもぐっとこらえましょう。

  

さて、これまで、嫌いな上司の対処方法や、あなたがやってはいけないことをお伝えしてきました。

こうした手を使ってみても、どうしても解決できない。

もう会社にいるのは辛い。

そんな悩みが消えない時、最終手段として考えるのは、「会社を辞める」ということだと思います。

そこで最後に、上司が嫌いで退職はしても良いか?というお話をしたいと思います。

 

 

上司が嫌いで退職・・・しても良い?

精神を病んでしまうくらいなら、辞めたほうが良い、と断言します!

しかし、退職する前に、以下のことをもう一度だけ確認してみましょう。

 

①上司以外の仕事の条件を考えてみる

この上司がいなかったら、今の仕事内容は好きですか?

同僚、他の上司は好きですか?

もし、答えが「YES」の場合。

上司だけが理由で辞めるのは、あまりにもったいないです。

というのも、例えば転職をしたからと言って、必ず相性の良い上司に巡り合えるとは限らないからです。

退職を会社に伝える場合、決意を告げる~退職が決定するまでには、かなりの勇気と体力を要します。

その勇気や力を、「退職」に向けるのではなく、これまでご説明したように、他の上司に相談する等、他の方法を試す方に使ってみませんか?

好きな仕事に巡り合えるということは、それ自体がとても幸運なことです。

今の会社を辞めるということは、今の会社の良い所も失うこと。

嫌いな上司のために「自分」が辞める前に、もう一度、考え直してみましょう。

 

②精神的に追い込まれている場合、「休職」も視野に入れる

もしもあなたが、上司との人間関係に追い込まれ、体に支障をきたしていたり、精神的に鬱に近い状態まで悩んでしまっているなら、思い切って精神科医等に相談してみましょう。

(会社によっては、勤務医や産業医がいるところもあります。)

そして、もし医師からも「休養が必要」と診断されるのであれば、その状態であることを会社に伝えましょう。

そして、可能なのであれば、休職させてもらうのです。

その状態まで追い込まれている段階で、「退職」という判断が正しいのか、冷静に考えることは難しいからです。

もちろん、会社によっては休職できないところもあるかもしれません。

その場合は、自分の体を最優先して、退職する方が良いでしょう。

でももし、自分の会社に病気等による休職制度があるのであれば、その選択肢も考えてみて下さいね。

退職について考えるのは、心身ともに回復してからでも決して遅くはありませんよ。

 

まとめ

さて、今回は、嫌いな上司の対処方法や、あなたがしてはいけない行動、そして退職の是非についてお伝えしてきました。 

嫌いな上司が職場にいる時の改善実行方法としては、

  • 直談判する
  • 異動を申し出る
  • 相談する

がありましたね。

そのまま上司と付き合っていく上での気持ちの持ちようとしては、

  • 反面教師にする
  • 上司の良いところを探す
  • ゲーム攻略ととらえる

という方法があります。

そしていくら嫌いでも

無視はしない、SNSなどでの中傷はしない、報復や手を抜いたり上司を貶める行為はしないということです。

それでも、どうしても辛いのであれば退職も視野にいれることは可能です。

ただ、その時は本当に冷静に考えて、自分にとって何が良いのか判断をできるように、信頼できる近くの方に相談してみるのも良いですね。

ただ、精神が追い詰められているほどであれば、

逃げるが勝ちです!

視野を広く持つことで、上司との付き合い方も、自分の仕事の選択ももっと方法は見つかります。

あきらめず、無理せず、がんばりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*