本当の幸せとは?本当に幸せになるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本当の幸せって何だろう?日常のありふれたこと?好きな人といること?どうしても、幸せになれない…。

最近では、SNS等で他人の幸せそうな写真を見たりして、ついつい悩んでしまう人も多いと思います。今回は、そもそも本当の幸せとは何なのかについてお伝えした後、「本当に幸せ」になる方法についても説明していきたいと思います。

本当の幸せとは?

 本当の幸せについて考える時、認識しておくべきことがあります。

それは、「幸せには2種類ある」ということ。

本当の幸せが分からず悩んでしまう時、多くは「幸せ=○○」という答えを探しています。

例えば、「幸せ=自分のやりたいことをやること」、「幸せ=大切な人といること」等、それらしい答えを見つけて一時的に満足します。

ですが、またしばらくすると「あれ、これって私の本当の幸せなの?」ということになってしまうのです。

 では、幸せの種類とは何でしょうか?それは、「瞬間の幸せ」と「根底の幸せ」です。

そして、本当の幸せとは、この2種類の幸せで満たされている状態です。

 まず「瞬間の幸せ」とは、例えば楽しさ、やりがい、普段感じる「幸せ」等を指します。

趣味をやっていて楽しい、やりがいのある仕事に没頭している、彼氏彼女と一緒に居られる幸せ等です。

普段使われる「幸せ」という言葉から想像できるものですよね。この幸せの特徴は、「幸せであることを実感できる」ところにあります。

 そして大切なのが、二つ目の「根底の幸せ」です。

これはやや分かりにくいのですが、自分自身が「ありのままで生きている状態」のことを指します。

これは出来ている人にとっては当たり前のことなのですが、「自分の人生を自分の本音に従って生きている状態」とも言い換えられます。

つまり、自分の人生を自分の意志で、自由に生きているかどうか。これの難しいところは、「幸せであることを実感しにくい」ところにあります。

実は、「本当の幸せって何?」と悩んでしまう人は、この二つ目が出来ていないケースが多いのです。

趣味を見つけたり、やりがいのありそうな仕事をしたりしても、少しすると「あれ、違うかもしれない…」と悩んでしまう。

それは、「根底の幸せ」が確立していないからです。

「根底の幸せ」は、人生を木で例えるなら土で隠れている「根っこ」の部分です。ここが揺らぐと、それだけ幹や枝を生やし、葉をふやしても、一瞬で木は倒れてしまいます。

「本当の幸せ」とは、土の下でしっかり根をはり、太い幹に枝や葉をつけて初めて実る「果実」のことなのです。

本当に幸せな人とは、この根底の幸せ、つまり自分の意志で自由に人生を歩んでいることが当たり前なため、「私は本当に幸せだ」という実感をあまり持たず、しかも本当の幸せについて深く考えることがありません。

それは何故だと思いますか?

次章では、その理由と本当に幸せになる方法について説明していきたいと思います。

   

本当の幸せになるには

本当の幸せとは、「瞬間の幸せ」と「根底の幸せ」が両方満たされている状態のことだと説明しました。

この二つの幸せを掴むためには、まず「根底の幸せ」を持っている必要があります。

「根底の幸せ」とは、大地に根をはる木の状態だとお伝えしましたね。

これは具体的に言うと、「自分が自分である状態」です。

もっと砕いていえば、「ありのままの自分で生きている」ことです。

多くの人が、親や友達、先生、親戚、同僚、上司など、周りの目をすごく気にして生きています。

好かれたい、怒られたくない、認めてもらいたい…。

それは誰もが抱く自然な感情ではありますが、度を越えると「本来の自分」が見えなくなってしまいます。

「ありのままの自分」というのは、「自分の素直な感情を感じている状態」のこと。

「~するべき」「自分はこうしないといけない」と、周りの目ばかりをうかがって生きていると、そのうち、自分の本当の感情すら分からなくなります。

もし、あなたが自分で「その傾向があるかも!」と思ったなら、まずは自分の「好き嫌い」を感じるところから始めてみてください。

「自分が好きだから、○○する」「これは嫌いだから、やらない」等、簡単なことからで大丈夫です。

(この「好き嫌いの感じ方」については、好き嫌いが分からないにも詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。)

自分の好き嫌いを感じながら毎日過ごしていると、不思議と、自分の感情に従って生きられるようになります。

それはつまり、自分を大切に生きることです。

そしてそれこそが、「ありのままの自分で生きる」=「根底の幸せを築く」ことに繋がるのです。

 あなたが、ブレることのない根底の幸せを築けたなら、もう大丈夫。

ありのままの自分で生きていれば、「瞬間の幸せ」はいくらでも見つけることが出来ます。(これは本当です。経験者は語りますよ。笑)

瞬間の幸せについては、人によって違うと思います。

人生にやりがいを求める人、楽しみを求める人、恋愛に生きたい人…。

どれも他のブログにヒントを載せていますので、また見てみてくださいね。

  

  

まとめ

 今回は、「本当の幸せ」についてお伝えしてきました。

幸せには「瞬間の幸せ」と「根底の幸せ」があり、幸せについて悩むのは二つ目の「根底の幸せ」が欠けているケースが多いです。

まずはありのままの自分で生きることで、大地にしっかりと根を張った生き方が出来ます。それこそが、根底の幸せでしたね。

 私自身、長い間、この根底の幸せを得られていませんでした。

グラグラグラグラ、たくさん悩んでいた気がします。

ですが自分の感情を素直に感じることを意識していったことで、今では随分楽に、毎日が楽しくなりましたよ。

 今回の内容が、いま幸せについて悩んでいる皆さんのお役に少しでも立てれば嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*