努力は報われる?結果を出せる努力の仕方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、「努力は報われるものだ」と思いますか?

この質問を投げかけた時、多くの人が首をかしげます。苦しい思いをして勉強したけれど、試験の点数は上がらない。頑張って仕事に取り組んでいるのに、成果が出ない。。。

苦しい努力を続けているのに結果が出ないと、どうしても、継続するのは辛くなってしまいますよね。

 実は、努力には報われる場合と報われない場合で、明確な違いがあります。

 今回は、努力は報われるのか、報われるとすればそれはどんな時か、そして結果の出る努力の仕方についてあなた自身が取り組むべきことをお伝えしていきたいと思います。

 さらに最後には、偉人の残した努力の名言集も載せていますので、結果を残したい!と日々頑張っている人は、是非参考にしてみてくださいね^^

努力は報われる?なぜ報われないことが多いのか。

 努力や頑張るということに関して、一番多い相談が「たくさん努力したのは良いけど、本当に報われるの?」という内容です。努力してもしてもなかなか結果が出ない。努力したのに失敗した。努力してなさそうな人が、簡単に成果を出している。。。そんな経験から、「努力は報われない」と結論づける人も少なくありません。

 ですが、努力というは、「ある条件のもと」では、必ず報われます。

 そして、「ある条件以外のもと」だと、報われません。

その条件とは、何でしょうか?

それは、、、

「楽しんでやっているかどうか」です。

これを聞くと、「えっ?」と思う方も多いと思います。なぜなら、「努力=苦しいもの」という考えが、世の中の常識となってしまっているからです。

 ですが、「報われる努力」というのは、苦しいものでも辛いものでもありません。むしろ、楽しんで取り組んだことの方が、結果に繋がるのです。

 私自身を振り返ってみると、ダメダメだった会社員時代は、まさに「苦しい努力」の連続でした。銀行で融資業務をしていたのですが、出来ない財務諸表を読む勉強をしたり、興味のない業界研究をしたり、上司に怒られないような話し方をしたりと、どれも辛くて仕方がなかったのに、歯を食いしばっていました。でも、結果は散々たるもの。営業成績も全く伸びず、ひたすら上司に毎日怒られ、本当につらい毎日でした。

 ですが、異動希望を出して念願の希望部署に着任した途端、みるみる成果があがったのです。海外事業部で、前から好きだった外国語に触れ、専門的な投資ビジネスに取組むことは、それまでとは比にならないくらい、楽しいものでした。自分では全く意識していなかったのですが、仕事終わりにセミナーに通ったり、関連する文献を読んだりと、「無意識の努力」を重ねていたのです。

 すると何が起こったか。上司からは「頑張ってるな~」と言われ、同僚からは「すごいね」と褒められ、顧客からは「ありがとう」と感謝される。まさに良いことづくしです。

 努力は報われない、と多くの人が感じている原因は、ここにあります。つまり、「報われない努力」をしてしまっているから。もし今、あなたが苦しい努力を重ねていて、毎日が辛いと感じるなら、それは「あなたが戦うべき土俵は他にある」というサインです。

 ウソみたいな話ですが、一度、成果を上げている周りの人がいたら、「どんな努力をしてそんな結果が出たの?」と聞いてみてください。すると大抵の人は、「え、そんなにしてないよ。」と答えます。なぜなら、彼らには「努力してる」という意識が全くないからです。

 あなたがもし、「努力が報われなくてつらい」「結果が出るための努力をしたい」と切に願っているなら、一度自分を振り返って、「自分が戦うべき土俵」を探してみましょう。

と言われても、何も思い浮かばない。。。という人も多いと思いますが、大丈夫。次章から、その土俵の探し方について説明していきますね^^

努力するべき土俵の探し方

 自分が努力するべき場所とは、これから説明する以下のことがあてはまるところです。①~③まで載せていますが、全てが当てはまれば当てはまるほど、結果を残せます(つまり、努力が報われます)。

時間をとって、自分を振り返りながら考えてみてくださいね。

①時間を忘れて没頭したこと(好きなこと)

 過去を振り返り、自分が時間を忘れて没頭したことは何でしょうか?もちろん現在でも構いません。「これをやっているときはあっという間に時間が過ぎる」ということは、誰にでもあるものです。

 これは、自分が「好きなこと」を探す為に最も効果的な問いかけです。自分の好きなことが明確に分かっている人は大丈夫ですが、意外とそれが分からない!という人も多いものです。その時、覚えておいて頂きたいのが、「行動は思考や言葉よりも雄弁」ということです。つまり、頭で考えるより、自分の行動を振り返ると、答えは見えているのです。

 自分で過去を振り返っても分からない場合は、是非周りの身近な人たちに聞いてみましょう。親、兄弟姉妹、祖父母、友達、恋人。。。自分では分からなくても、客観的に見れば明確なこともよくあります。

 時間を忘れられるほど、夢中になったこと。それは間違いなく、あなたが勝負できる土俵でもあります。

②「なんで私、褒められてるんだろう?」「なんで皆できないの?」(得意なこと)

 二つ目は、あなたの「得意なこと」を発揮できる場所です。そして得意なこととは、自分で探しても見つかりません。なぜなら、好きなことと違い、「他人との比較」で決まるからです。

 ですので、自分の得意なことを探るには、この質問が効果的です。

・特に頑張ってもいないのに、なぜか褒められた

・なぜ、周りの人が出来ないのか分からない

 まず、特に勉強したり努力したつもりもないのに、なぜか褒められること。これは間違いなく、あなたの「得意なこと」です。例えば私の場合、昔から上司や同僚に「調べるの得意だね」と言われることが多かったです。何か分からないことが出てきたとき、私は当然のように資料をみたり、ネットで検索しますが、よく観察すると他の人は違いました。

ある人はすぐに人に聞いたり、ある人はすぐに諦めたりしていたのです。逆に私の場合は、人に聞くことの方がストレスを感じるのです。そのストレスを避けるように自分の出来ることをやり続けた結果、「得意だね」と言われるようになっていました。

 そして、「なんで皆出来ないの?」と感じることにも、あなたの得意が隠れています。先程の例で言うと、分からないことがあった場合に「すぐ人に聞ける人」というのは、ある意味人と関わりを持つのが得意だからです。私の同僚がまさにこのタイプで、一度「どうしたらそんなに人に教えてもらえるの?」と聞いたことがありました。するとその人の返答は、「なんで?聞いたら良いだけじゃん。」の一言だったのです。彼からすれば、私がすぐに聞けないのが理解できなかったのでしょう。

 このように、他人との比較の中で、人から言われたりあなたが感じたりすることは、あなたの「得意」を引き出す大ヒントです。そして、これは必ず誰にでもあります。これまで言われたことや感じたことを、ゆっくり思い出してみてくださいね。

③お金を使ったこと(大事なこと)

 最後は、「大事なこと」です。最近はネットでも「好きなこと」や「得意なこと」から自分の進む道を考えるやり方は多いのですが、「自分の大事なこと」という視点を忘れると、せっかくの土俵も崩れてしまいます。

 「大事なこと」とは、つまりあなたの「価値観」です。どう生きていきたいのか、何を大切にしたいのか。あなたが戦うべき土俵を探すのに、この視点は欠かせません。

 これを明確にするためには、あなたがこれまでの人生で、最もお金を使ったことを思い出してみましょう。お金の使い道は、その人の価値観が如実に表れます。昔、私の友達が自分の彼氏について、こんな面白い話をしてくれました。「彼、本当にケチなの。食事に行っても絶対に割り勘で、この前なんて、たった100円の額でも最後まで請求されたのよ。それなのに、買い物に行ったら、3万円もするジーンズ買ってたの。信じられる?」

 この彼氏の良し悪しはさておき(笑)、この話は彼の「価値観」がとても良く出ていますよね。因みにこの彼氏は、決して彼女のことをないがしろにしている訳ではありません。後日、なんとプロポーズする位、彼女のことは本気で好きでした。つまり、彼は単純に、自分のお金を「食事」ではなく、「ファッション」に使いたかった人なのです。

 あなたは何にお金を使っているでしょうか?額の大きさは関係ありません。あなたのお小遣いや収入の範囲内で、大きな割合を占めるものを考えてみてください。食費なのか、家賃なのか、ファッションなのか、趣味なのか。そこに、あなたが日々の生活で「大事にしているもの」が現れています。

いかがでしたでしょうか?「好きなこと」「才能があること」「大事なこと」の3つを探す質問を説明してきました。自分が勝負すべき土俵を見つける時、大切なことは、この3つ全てが当てはまる方が、より、あなたが「大勝ち出来る場所」です。

「好きなこと」だけだと、才能の壁にぶち当たって、挫折しがちです。

「才能があること」だけだと、情熱が伴わず、長続きしません。

そして、何より「大事なこと」、すなわち価値観に合うものでないと、社会へ貢献(仕事)するにあたって、自分のやっていることに違和感を感じてしまいます。

あなたの勝負すべき土俵、それが見つかれば、自分の人生もどんどん豊かに、楽しくなっていくことでしょう。ぜひ、本気で上記の3つを考えてみてください。

「努力」名言集

「小さなことを重ねることがとんでもないところに行く ただ一つの道」イチロー

「努力は裏切らないって言葉は不正確だ。正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない」林修

「何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。
報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。」羽生善治

「真実の山では、登って無駄に終わることは決してない。」ニーチェ

まとめ

 いかがでしたでしょうか?今回は、努力は報われるのか、というテーマでお伝えしてきました。報われる努力とは、自分が楽しんで取り組んでいるもの。つまり、自分が戦うべき土俵で取り組むことこそが、結果に繋がるんでしたね。そして自分の戦うべき土俵とは、自分の「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」を探ることで見つけられます。

 世の中では努力=苦しいもの、という考えが常識になっていますが、本当の努力とは、自分が楽しめるものです。今日を機会に、楽しみながら努力を続ける人生に切り替えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*